彼の「結婚スイッチ」はどこ? 男が結婚したくなる4つの瞬間

■男性が結婚を決意するポイントとは

■男性が結婚を決意するポイントとは

女性にとって、男性の結婚スイッチが入るタイミングがどんなときか、興味ありませんか? 特に適齢期で彼氏がいる女性においては、これが人生を左右するといっても過言ではありません。男性が結婚を決意するポイントはどこなのかを、一緒に検証していきましょう。

1:好きな女性と出会ってこの人を幸せにしたいと思ったとき
2:妊娠が発覚したとき
3:年齢的なタイミングや、失恋によって将来に不安を感じたとき
4:起業、転職、転勤など仕事で大きな節目を迎えたとき

ザックリですが、以上の4つが男性にとって結婚を決意するタイミングになると思われます。これらは、女性がしたいタイミングとほぼ同じだと思いませんか? 強いて言えば4番目が男性ならではのポイントですが、これも女性の立場で言えば、結婚を機に仕事を辞めて環境を変えるという感覚に近いでしょう。

■結婚したいと思う瞬間はそれぞれ違うけれど……

1つ目の「この人を幸せにしたいと思ったとき」とは、恋愛からの延長で、一番自然な結婚へのスタイルと言えるでしょう。多くのカップルが、このカタチで結婚することを理想としているのではないかと思います。ここで気をつけたいポイントは、幸せになるためには、恋愛と結婚の違いをきちんと認識することです。当然、経済力や誠実さなど人間性がカギになってきます。男性も、家族を守っていく責任能力がポイントになっていくことでしょう。ここでいい加減な選択や決断をしてしまうと、後に大きな失敗につながる可能性があります。

2つ目の妊娠。女性にとっては非常に大きな問題ですが、男性の人生においても、最も大きな決断を迫られます。当然ながら相手によりけりですが、「うれしいと思う気持ち」と「えっ! 困ったな……」というショックな気持ちです。付き合ってすでにお互いの信頼関係が築けていればダブルでおめでたい結婚が待っていますが、もし予期せぬ妊娠だったり、どちらかが望まない気持ちがあれば、冷静な対応が必要かもしれません。

3つ目は出会いのタイミングです。これは年齢もさることながら、失恋などによっても心を動かされます。男性でも30歳前後で真剣に付き合っていた人と別れたときは、より幸せになりたいという未来への欲求が出てきます。私もそんなパターンの一人ではあるのですが、詳しくは実例をあげながら後ほどお伝えします。

最後のポイントですが、男性の場合は仕事の節目が大きな決意をする理由になります。責任感を全うしてから結婚をしたいタイプの男性は、仕事を理由になかなか結婚へ踏み込めない時期もあります。特に起業したり、会社で大きなプロジェクトに参加する場合などです。この逆で、仕事があまりうまくいかないために他への気持ちの充実を図り、環境を変えるために結婚を求めるケースもあります。

■大失恋も男を結婚へ向かわせる大きな原動力

参考までに私の場合は、1と3のミックス型でした。

私は27歳と30歳のときに大きな失恋をしています。1回目の大失恋は、7年間も付き合った後に別れています。このときは、もうこの世の終わりで二度と人のことをここまで好きになれないだろう……とゲッソリした経験もありましたが、振り返ってみれば今の自分を形成した素敵な想い出になっています。

2回目の大失恋のときには年齢的に30歳だったので、過去の失恋も含めてなかなか思うように結婚へ至らず悩みました。不思議なもので、その後すぐに出会った今の奥さんとは、わずか9ヵ月で挙式までいっています。男性からしても、出会いのタイミングは結婚に結びつく大きな決め手になるのは間違いありません。

そんなタイミングで出会う人がいわゆる「運命の人」なのかもしれませんが、男性がどのパターンで結婚を決めるかは、人それぞれ。結婚を希望している女性の皆さんは、リラックスした気持ちで日々の出会いのアンテナを立ててみるといいでしょう。

【恋愛ガイド:久野 浩司】

All Aboutの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…