本音はココに出る! パートナーの嘘を見破る5つのポイント

あなたは好きな人の嘘を見破ることができますか? 嘘は小さな裏切りです。積み重なるうちに、大きな裏切りにつながる可能性も……。恋人の大きな裏切りにあってつらい思いをする前に、嘘を見抜けるようになりたいものです。どこを注視すれば嘘を見抜けるようになるのでしょうか。

■1.目線はどちらを向いている?
言語学と心理学から生まれた学問であるNLP(神経言語プログラミング)の視線解析では、思考の種類によって目線の向きが変わるといわれています。視線が右上(あなたから見て左上)を向いている→未来のことをイメージしたり、新しくイメージを作り出そうとしています。視線が左上(あなたから見て右上)を向いている→過去に見た光景や体験を思い出しています。

つまり、「昨日何してたの?」という質問に対し、チラッと、向かって左上を見たら、嘘の言い訳を考えている可能性が高いということです。

■2.目をそらす? そらさない?
「本当なの?」と問い詰めた時に、男性は狼狽して目線が泳ぎ、女性は見返してくる傾向があります。これは、女性のほうがイメージを描くことに長けているため、自分がついた嘘が視覚化されやすいぶん、自信を持つ傾向があるためだといわれています。

ただ、嘘に嘘を重ねていくと、どこかでつじつまが合わなくなり、必ず破綻します。それを冷静に詰めていくと、「まずい」と思った女性は男性に責任転嫁するため逆ギレする作戦に切り替えやすいです。

余談ですが、浮気がバレた時の女性の常套文句「浮気をさせたあなたが悪い」と言いながらキレるのも話のすり替えです。

■3.鼻を触る
心配事があったり、強い恐怖を感じると、心臓をどきどきさせたり、瞬発力を発揮するときに必要なホルモン、カテコールアミンが分泌されます。鼻の中がムズムズしてくるので、鼻を触る頻度が増えてくるはず。

それまで鼻を触っていなかった人が鼻を触りだしたら、嘘をついている可能性が高いといえます。

■4.手足の動きにも注意
腕を前で組む行為は、バリケードを張って安心感を得たいという気持ちの現れだといわれています。また、指でテーブルをコツコツと叩いていたり、組んだ手を揉むような仕草も不安の現れです。

貧乏揺すりは、イライラの現れだといわれています。「早くこの会話を終わらせたい」「この場から離れたい」という気持ちが無意識のうちに足を小刻みに動かしてしまいます。

ただ元からこれらの癖がある人もいますので、日常と比べる必要があります。これらが顕著に表れているなら、追い詰められていると考えてよいでしょう。

■5.追い詰められると女性は逆ギレ、男性は黙る傾向がある?
女性の中には、追い詰められて言い返す言葉がなくなってしまうと、「そうさせたあなたが悪い!」といって感情論で逆ギレしがちという人もいるようです。

また、男性は追い詰められると、ボロが出るのを防ぐために、シャットダウンして逃れようとする傾向があります。「覚えてない」「記憶にない」の一点張りか、何を言われても押し黙り、それ以上何も言わなくなりがちです。

■安堵したときにボロが出やすい?
以上、嘘を見破る方法をご紹介しましたが、実際の心理と行動が一致しない場合があります。しかしあやしいしぐさが複数みられたり、いつもはしないしぐさが現れたりするのは、かなり怪しいと考えてよいでしょう。

追及してこれらの仕草が現れ始めたら、突然全然違う話題に変えてください。緊張状態から解き放たれて、嘘をつくときのしぐさが見られなくなるのではないでしょうか。それは残念ながらほぼ確定だと思ったほうがよいということです。

安堵の瞬間、人の心は緩みます。どんなに嘘がうまい人でも、極度の緊張から解放されるとボロが出るもの。その瞬間を見逃さず、相手に嘘を認めさせましょう。

【相沢あいの恋愛コラムガイド:相沢 あい】


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…