男性がデートでがっかりしてしまう女性の行動4つ

ワクワク、ドキドキする出来事といえば、好きな男性とのデートもその1つではないでしょうか。この2人だけの空間では、楽しみや喜び、幸せなことしか想像できないはず。しかし、怖いことを言ってしまえば、気持ちが舞い上がり過ぎて、デートそのものをつまらないものへと変えてしまう恐れだって潜んでいるのです。肝心なことは、デートは2人で楽しむもの。そこを履き違えてしまうと関係そのものが破たんしてしまうことだってあるのです。そう考えると、ただ勢いに任せて楽しむのではなく、双方の理解や思いやりの気持ちが大事になってきますね。そこで、今回は、男性がデートでがっかりしてしまう女性の行動を4つご紹介します。

1.買い物に夢中になってはいけない

買い物といえばデートの定番ですね。でも、この買物デート、意外と男性は苦手なものなのです。男性は買い物にあまり時間をかけませんが、女性の場合はじっくり時間を費やし楽しみます。この感覚の違いに、デートとなると男性がイライラしてしまうことが多いのです。冒頭でお伝えしたように、デートは2人で楽しむもの。ついつい自分の洋服選びに夢中になり過ぎ、彼のことを忘れないよう時間配分には注意することが必要でしょう。

2.「なんでもいい」はデートをつまらなくする

デート中、彼に何か尋ねられたとき、あなたは「なんでもいいよ」なんて言ってはいませんか? 彼を信頼していることは良いことですが、彼のデートプランに任せっきりはよくありません。男性は、デートで起こる2人の気持ちのやり取りを楽しみたいわけです。

例えば、彼に「何が食べたい?」と言われたときに、「なんでもいいよ」ではなく「イタリアンが食べたいな~」「じゃ、確か、あそこにイタリアンのお店があったから言ってみようか!」など、2人で会話を楽しみながらデートを進めていきましょう。

3.空気をみだしてしまう「愚痴」

また、よくありがちなことを言えば、デート中についつい言ってしまう「愚痴」。しかもこの愚痴は2人に関するものではなく、あなたの友達、職場の上司だったりするものです。確かに愚痴を聞いてもらえたらスッキリはしますが、聞かされたほうは苦痛でしかありません。大切なデート中での愚痴は、空気を乱してしまいます。

基本、愚痴の多い女性の印象はマイナスでしかありません。お互いに愚痴を言い、聞き合うことも大ですが、デートの最中だけは控えましょう。

4.友達からの電話やLINEはデートを台無しにする

デート中に届くLINEや電話ここへ意識が行ってしまうことはNG。仕事や家族がらみなどの緊急性があるものなら仕方ありませんが、個人的なやり取りは避けること。これは、男性からしたら、せっかくの楽しいデートの時間を台無しにされたと思ってしまうでしょう。たとえ友達であっても、彼にとっては苛立ちへと変わってしまうものなのです。仮に、彼に「いいよ」と言われたとしても、本当は嫌なことに気づいてあげましょう。最悪、この彼の優しさが、別れを示すものとなる可能性だって十分あるということです。

おわりに

今回ご紹介した「男性ががっかりしてしまう女性の行動」。これは女性本人にとっては良かれと思ってやってしまう行動かもしれせん。しかし、自分の気持ちだけが中心にならないように、2人で楽しむデートをするように心がけましょう。男性はあなたが思っている以上に、細かいところまでチェックしているということを理解しておきましょうね。

written by そら
photo by Dean Bradshaw


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…