母親の話題がなくてもマザコンの可能性あり! 隠れマザコンの見つけ方

男性が母親の話をしたとき、内容によっては「もしかしてマザコン?」と疑うときがありますよね。母親の話題がでればマザコンかどうか判断しやすいと思います。

逆に言えば、母親の話題がでなければマザコンかどうか判断しにくいですよね。彼がマザコンかどうか知りたいとき、母親の話題以外でマザコンだと判断する方法はあるのでしょうか?

マザコン男と出会った女性たちに、マザコンだと疑い始めたきっかけを聞いてみました。

家事や生活に関する知識がない

「家事の話をしていたとき、彼があまりに無知で驚いた。『アルミホイルってレンジに入れちゃダメなの?』『金属装飾された食器もダメ?金属装飾された食器ってなに?』『使った傘を干す? 傘って干すものなの?』など……。今まですべて母親に任せていたんだろうなと思った」(27歳/飲食)

家事を母親に丸投げしていると、家事の知識はつきません。こちらの男性は一人暮らしだそうですが、ときどきやってくる母親にまとめて家事をしてもらっていたそうです。

誰かに”してもらう”のが当たり前になっている

『◯◯してくれないの?』という発言が多い。彼がしゃっくりをし始めたら『脅かしてしゃっくりを止めてくれないの?』、食事では『サラダは取り分けてくれないの?』と、とにかくしてもらうのが当たり前になっている。母親に甲斐甲斐しくいろいろしてもらえていたんでしょうね」(33歳/教育)

母親に何かをしてもらうのが当たり前になっていると、他の女性にもそれを求めようとします。マザコン男は自分で何かをしようという気もなさそうですね。

幼少期から父親と仲が悪い

「子どものころから父親と仲が悪いと聞いて、もしかしてと思った。子どものときに父親と接する機会が少ないと、どうしても頼りになるのは母親のみになる。そのため、過剰に母親を頼りにしてしまう傾向があると思う。大人になってからもずっと父親と仲が悪いなら、逆に母親とは過剰に仲が良さそう」(31歳/介護)

家族との仲も大切なようです。「大人になってからはお酒を一緒に飲むようになった」「働き始めて父とも和解した」など、大人になってから関係が改善した場合は脱マザコンになるかも?

食べ物の好き嫌いが多い

「レストランでコース料理を食べたとき、食べ物の好き嫌いがやたら多かった。無理して食べろとまでは言わないけれど、自宅ではないのだから少しくらい我慢して食べたり、せめて申し訳なさそうにしたりすればいいのに。彼は『嫌なものは嫌』と皿の隅に食べたくないものをどんどん除けていた。母親に甘やかされていた証拠だと思う」(29歳/サービス)

好き嫌いが多いと、それだけ甘やかされて育った印象を受けます。アレルギーなら仕方ありませんが、好き嫌いは少ないほうがいいですよね。

優柔不断で自分のことでさえ決められない

「自分の食べたい料理、自分が着る服、自分が使う筆記用具……。全部、自分で決められずいつまでも悩んでいた。私が『これいいんじゃない?』と言ってやっと『じゃそれにする』と決定。今までは母親が全部用意したり決めたりしていたんだろうな……」(31歳/アパレル)

なんでも母親に決められて育った場合、自分の意見がなくなりそうです。母親の選択が一番正しいとも考えていそう。

母親の話題をださなくてもマザコン男か判断できる!

マザコンだった場合、マザコンだと知られるのを恐れて母親の話をしない男性もいます。でも、母親の話題がなくてもマザコンらしさは隠せないもの。

母親の話題がないからと油断せずに、ほかの言動からもチェックしてみてくださいね。

written by 神之れい

Photo by すしぱく


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…