両想いへの近道は”◯◯”!! 本命の彼だけにしておきたい4つのテクニック

あなたは本命の彼とその他の男性の区別をしていますか? もし区別をしていないなら、今すぐ区別をしましょう! そして、本命の彼だけに、これからお伝えする4つのテクニックをつかってみてください。これさえできれば、あなたも本命の彼と両想いになれるかも!?

1.頻繁に名前を呼ぶ

本命の彼だけは、とにかく名前をたくさん呼びましょう! 勤務先が一緒なら「◯◯くん、おはよう」「ねえねえ、◯◯くん」と声をかけ積極的に名前を呼ぶように心がけます。

彼と毎日会えないのなら、メールの際に必ず「◯◯くん」と名前を入れるようにしましょう。人は名前を呼ばれると、自分を認めてもらっていると感じ嬉しくなります。たくさん名前を呼んでくれる相手に自然と好感を持つので、意識的に呼び続ければより効果が出てきますよ。その結果、彼があなたに好意をもってくれる第一歩になるのです。

2.下の名前で呼ぶ

両想いへの 

名前を呼ぶときは苗字ではなく、下の名前で呼ぶようにします。このとき、周りの男性は苗字で呼ぶようにすると効果的が期待できますよ! 本命の彼が「あれ?自分だけ下の名前で呼ばれている」と気づくと途端にあなたを意識し始めてしまいます。さらに、周りの男性と区別したことによって、さりげなく本命の彼に自分の好意を気付かせられるのです! 自分に好意があるのではないかと分かれば、ドキドキしていつも以上にあなたが気になるようになるでしょう。

3.彼の言葉だけは忘れない

自分が何気なくいった一言を相手が覚えていると嬉しくなりませんか? 前に話題になった内容について「◯◯くん、△△好きなんだよね?」といわれると「自分の話聞いてくれていたんだ」と驚きとともに自分を認めてもらっているような気分になります。もちろん、ここでも本命の彼と周りの男性を区別することを意識してみてください! 他の男性の言葉は「え、そうだっけ?」と忘れたふりをして、自分の言葉だけ覚えてもらっていることを彼に気づかせましましょう。ただ、彼があなたに話していない内容を覚えていると恐怖心を与えてしまうので注意してくださいね!

4."◯◯くんだけ"と特別アピールをする

最後に「あなたは私にとって特別な存在なんだよ」と言葉で伝えてしまいましょう。たとえば「◯◯くんにだけは、何でも話せる」「◯◯くんだけに教えてあげるね」と“あなただけ”を強調させます。そういわれれば、いくら鈍感な彼でも「自分は彼女にとって特別な存在なんだ」と気づくはずです!

もし、相手があなたに好意があれば、そのまま2人の距離がグッと縮まるかもしれません。この方法は頻繁にアピールするより、たまに切り札として使う方が効果的ですよ!

まとめ

この4つのテクニックさえ心がければ、彼はあなたが自分に好意があることに気がつくはず。ポイントはこのテクニックを“本命の彼にだけ使うこと”です。より効果的に使うには周りの男性との区別が大切なのですよ! さあ、今回紹介したテクニックを使って彼にあなたを意識させ、2人の距離を一気に縮めてみてくださいね!

written by h103

photo by MattysFlicks/Daniele Zedda


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…