男子が「ほろ酔い女子に脱いでもらいたい」と思っているアレ4選

お酒が好きな女子は、少々恋愛に有利かもしれません。ほろ酔いであんなことやこんなことができたり、言えたりしますもんね。

お酒を飲めない女子はどうするのがベターなのか? お酒以外の「武器」で恋をたたかうといいと思います。

さて今回は、男子がほろ酔いの女子に脱いでもらいたいと思っているものについてお届けしたいと思います。

なにを脱いでもらいたいと思っているのか? 想像しているアレは出てくるのか?

さっそく見ていきましょう!

 

1:カーディガンなどの羽織もの

「合コンや飲み会などで、カーディガンなどの羽織ものを脱ぐ女子って、すごくかわいく見えます。脱いで!」(25歳・IT)

これは合コンで勝つ鉄板技ですよね。

男子って、女子のノースリーブ姿にやられやすいのです。

2:靴

「テーブルの下でヒールの高い靴をこっそり脱いで、それをつま先に引っ掛けてぶらんぶらんさせているのって、なんか無防備で好きです」(27歳・広告)

おそらく「無防備さ」が、男の心を鷲掴みにしちゃうのだろうと思います。

ほろ酔いでも、自分のカバンを膝に乗せたまま、靴もきちんと履いている……というかんじでガードをカタくしちゃうと、非モテになるってことでしょうか?

あなたも脱ぎっぷりのいい女子を目指してみては?

3:補正下着

「補正下着をつけているから、ごはんがあまり食べられないと言っている女子を見ると、脱いでもらいたくなります。一緒にいて落ち着かないのです」(27歳・飲食)

補正下着ねえ……大変ですよねえ。

4:パンツ

「パンツ脱いで!」(28歳・通信)

男子ってアホなので、女子を酔わせたら丸裸になってくれると思っている節があります。気をつけたいところです。

今回のまとめ

いかがでしたか?

五月病のかったるい時期が終わると、6月になります。

6月はこれといった大型連休がないので、言ってみれば「ずっと仕事」の時期です。そういうシーズンに、飲み会を開いたり、合コンや街コンに参加するというのは、正気を保つために必要なことではないかと思います。

どうせ飲み会に参加するのなら、思い切って、なにかを脱いでモテてみてはいかがでしょうか。品良く、羽織ものを1枚脱ぐと、すぐに彼氏ができるかもしれません。あるいはテーブルの下で靴をぶらんぶらんさせていると、それに食いついてくる男子がいるかもしれません。

あるいはどうでもいい男子しか参加していない飲み会でおおいに酔っ払って、おうちにいるときのように、メイクを落とし出したり、ブラを外してみたりすると、噂が噂を呼んでモテるかもしれません。

ほろ酔いのときになにを脱ぐのか? というのが、すでにその女子の恋愛のセンスです。営業は恋愛に似ているという言葉にならえば、恋愛は営業に似ています。気になる男子の心の鎧兜(よろいかぶと)を脱がせようと思えば、まず自分が丸裸になる、もとい、なにかを脱いでみる……こういう粋な計らいが功を奏します。

だから脱いで!

 written by ひとみしょう


この記事どうだった?

2いいね!

4うーん…