たったこれだけの違い? 高確率で男性に好感を持たれる「魔法のほめ方」

大多数の男性は、女性から話しかけられると悪い気はしないことがほとんどです。

ほめられたりしたら、なおさら悪い気はしません。

とはいえ、男性も多かれ少なかれ、親しくない人は警戒する心が働きますから、それだけでは心が傾くとはかぎりません。

勇気を出して気になる男性に話しかけても、反応が今ひとつ。こんな経験があるのではないでしょうか。

実は、気になる男性の心を一気に引き寄せるほめ方があるんです。

男性は、持ち物をほめられると心が傾きやすい

男性に話しかける時に、一気に男性の心を自分に傾けさせる話し方があります。

それは、男性の持ち物をほめること。

多くの男性は、女性より狩猟本能が強く働くといわれています。
また、他人に認めてほしいという気持ち(承認欲求)が強く働く人が多いです。

そんなに親しくない男性から、お酒の席などで、持ち物の自慢話や、
過去の成功体験を聞かされてウンザリしたことはないでしょうか。

迷惑な話ですけど、これって、あなたが気になる男性も同じような傾向があるんですね。
逆に、そういった心の働きを利用すれば、彼の心を一気にあなたに傾かせることができます。

自慢したいものがわからない時はどうするの?

男性は、自慢したいものは、他人に見える場所に出す傾向があります。
特に身につけているものや、名刺に書かれている職業や会社のポジションなどは確率が高いです。

もし、気になる男性のSNSの投稿が見られるなら、チェックしてみるといいでしょう。
大多数の男性は、プロフィールや投稿の中で自慢したいものを
繰り返し投稿していることがほとんどです。

そういったことを、不自然にならないように、一つずつ質問してみましょう。

たとえば

「その腕時計よくお似合いですけど、●●のブランドは好きなんですか?」

「●●のお仕事されてるんですね。学生の時から志望されてたんですか?」

こういった質問をぶつけてみて、ノッてきて自慢話をはじめたらしめたもの。
不自然にならないように相づちを打ちながら自慢話を聞いてあげれば、彼の心は一気に傾きます。

「すごいですね」より「がんばったんですね」を

気になる男性が自慢したいものをほめる時、「すごいですね」と言ってほめるよりも、「がんばったんですね」と言うように気をつけてみてください。
彼の心はさらにあなたに傾きやすくなります。

たとえば

「●●さんは、●●のお仕事されてるんですか? 学生の頃から志望されてたんですか?」

「そうです」

「すごいですね。そういうお仕事に就くのって、大変なんでしょう?」

こういったほめ方をするよりも

「●●さんは、●●のお仕事されてるんですか? 学生の頃から志望されてたんですか?」

「そうです」

「がんばられたんですね。そういうお仕事に就くのって、大変なんでしょう?」

こういったほめ方をするほうが、会話がはずんで、彼の心はさらにあなたに傾きやすくなります。

なぜかというと、男性は自慢したいものを認められたいという気持ちの他に、
自慢したいものを手にするまでのプロセスを認めてもらいたいという気持ちを強く持つ人が多いからです。

自慢したいものを見つけてもらえる上に、そのことを手に入れるまでの成功体験を聞いて理解してもらえる。
こうなると、男性のほうからもう一度会ってみたいと言い出す可能性が大です。

もし、男性のほうから次に会う約束を言い出さなくても大丈夫。
SNSでつながったりした後に、さりげなく「楽しかったから、もう一度話を聞かせてほしい」というメッセージを出してみましょう。

まず、大多数の男性は断りにくと考えるはずです。もちろんOKが出たら迷わずスケジュールを入れましょう。

夏はこれからです。気になる男性との出会いを大事にしてくださいね。