「え?そこ?」男性が思わず愛したくなるオンナになる方法!

前々から思っていたことなのですが、どんなプレイボーイでも、何故か「あの子はなんか落とせない気がするからパス」と敬遠される女性って、たまにいますよね。
別に見た目に問題があるわけでも、性格に難があるわけでもないのに、どういうわけか、男性から見向きもされないような女性。
その存在が、これまでどうにも謎でした。

ここ数日、一睡もせずにずっとこのことを考えていたんですが、もしかすると、その理由は非常に簡単なものだったりすのかもしれません。
今回は、男性から「あの子は落とせないかも」と思われるような女性が、一転してついついキスをしたくなるぐらいの魅力的な女性に変身するために必要なことについて、書いていきたいと思います。

距離感が遠いと、美人でもモテない!

男性から非常に人気で、彼氏が絶えないような女性と、そうでない女性。
それぞれにルックスにはさほどの違いがなくても、こういう二極化が進んでしまうケースってありますよね。

こういう場合、よくよく観察するまでもなく、その違いの理由って結構簡単に明らかになっているものです。
たとえばモテる女性は、話をしている男性との距離が、そうでない女性よりも若干近いんですよね。

お互いの吐息が感じられるギリギリの間合いまで詰めて会話をします。
これって意識している場合もあれば、天然の場合もあるようですが、男性からしてみれば相手の息遣いが感じられるほどの近くまで女性に接近されると、意識せざるを得ません。

反対に、男性と会話をする際の間合いが遠いと、男性も「あ、この子警戒しているのかな?」と遠慮をして対応することになってしまいます。
要は距離感は、それほどまでに男性の恋愛感情に影響をしているということですね。

「そんなの当然じゃないの」って思うでしょ? ところがこれができてない女性、いっぱいいます。

恋愛上手はLINEも上手!

これはここ数年の傾向なんですが、SNSやチャットの使い方が上手い女性は、現実でもネットの世界でもそこそこモテます。
たとえばLINEなんかは利用者もかなり多く、仕事関係や友人、家族との連絡手段としてはベターですよね。

このLINEの使い方次第でも、男性の恋愛感情をあおることは十分可能です。
その方法は非常に単純。
狙っている男性へ「ちょっとだけ頻度が多いかもな」と思える頻度でLINEを送るだけでOKです。

大前提として、相手に一切の恋愛感情がない場合は、初動でその気配に気が付くと思いますので、その際は諦めるか、別の手を考えましょう。
ただし、ちょっとでも食いつきが良いなら(たとえば返信が早いなど)やり方次第で相手を夢中にさせることは難しくありません。
何気ない会話をいかに繋げるか。会話のコンボが途切れないように、最低限意味のあるやりとりをすることを心がけるといいでしょう。たまに自撮り画像を送信するのも効果的です。
男性は自分だけに送られる、女性の自撮りに弱いので。

おわりに

特別なことは何も書いていないのですが、距離感とLINEの使い方に気をつけているだけで、随分と男性の見る目は変ってくるものです。
これまであまり恋愛に縁がなかったという方は、ひょっとすると距離感とLINEの使い方が、どこかよそよそしかったのかも知れません。
男性はよそよそしい女性よりも、最初からフレンドリーな女性に好意を抱きがちですから、この点も意識しておくと何かとはかどるでしょう。
上手に間合いを詰めて、狙っている男性に自分のことをアピールする。
これができる女性はモテます。

written by 松本ミゾレ
photo by Martin Dimitrov


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…