男子が“彼氏あり”と認定しちゃう!女子のなにげないトーク4選

わたしだけなぜ彼氏ができないのだろうとお思いの女子のみなさんは、たいてい『出会いの場所に行っていない』か、行ったとしても「どうせ彼氏がいるだろう」と男に思われてしまうからいないんです。
今回は、男子が“彼氏あり”と認定しちゃう、女子のなにげないトークに迫ります。
さっそく見ていきましょう!

1:この指輪、自分へのご褒美で買ったんですぅ……

「豪華な指輪をしている女子が飲み会にいて、誰かに買ってもらったの? と聞くと「自分へのご褒美で買ったんですぅ」と答えられました。絶対彼氏がいますって!」(27歳・IT)

飲み屋さん(スナックやキャバクラ)の鉄則として『貴金属をガチャガチャつけて接客したら売上が伸びない』というものがあります。「どうせ男に買ってもらったのだろう」という男の先入観が働くからです。そしてそれを覆すのは、ものすごく難しいです。

2:先週の日曜日に友だちと旅行に行ったんですぅ……

「ぼくは女子の言う『友だちと旅行』というのが、まったく信用できないです。絶対に男と旅行に行ったでしょ? と思います」(25歳・通信)

男で、男友だちと(ふたりで)旅行に行ったと言えば、なんかゲイみたいに思われたりもする……こういうことって「男の世界の危機意識」としてあります。

3:3年も彼氏がいないんですぅ……

「3年も彼氏がいないと言っているかわいい女子がいます。3年間、ホントに彼氏がいないとしても『彼氏のような相手』はいると思うんです。だって3年間、100%あの行為がご無沙汰なんて、ありえないでしょ?」(26歳・建築)

ホントに3年間彼氏がいない女子には、まことに申し訳ない話ですが、男って『変に勘ぐる』ことが大好きな生き物だったりもします。ま、それだけ、巧妙にウソをつく女子が多いということかもしれません。

4:実家暮らしで門限が厳しいんですぅ……

「実家暮らしで門限が厳しいから、合コンを23時で去る女子! 同棲してるの? それとも既婚者?」(28歳・広告)

正解はその女子しか知らないという……。

おわりに

いかがでしたか?
ではなんと言えば『彼氏なし』を、男たちは100%信じてくれるのか?
これはなかなかむずかしい問題だろうと思います。
世の中なんでもそうですが『ある』ことを証明するのはたやすいものです。
お金があることを証明する……お財布を開いて見せてあげるといいでしょう、あるいは預金通帳を見せてあげると簡単に証明できますよね。

でもお金が『ない』ことを証明するのは、ホントに大変です。
時間とコストがかかります。だから自己破産の認定を得るのは、すごく大変です。
弁護士やら管財人やら裁判所の人たちやらが出てきて、もう大騒ぎです。

それでは、彼氏『なし』は、どう証明するのがベターなのか?
女子のみなさんそれぞれで知恵を絞って、お考えになってみてはいかがでしょうか。

 

Written by ひとみしょう
Photo by Izabela Habur


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…