父親と親睦を深めるチャンス! 父の日にはいったい、何をあげる?

今年の6月19日(日)は父の日です。皆さん、父の日のプレゼントはお決まりでしょうか?
父の日のプレゼント選びに苦労している女性たちも多いと思います。
せっかくプレゼントするなら喜ばれるものをプレゼントしたいですよね。
今回は、父親に喜ばれた父の日のプレゼントを女性に聞いてみました。

毎日の楽しみだから『お高いビールや日本酒』

「父は仕事から帰ると晩酌をする。その晩酌が一日の中で一番の楽しみらしいから、父の日にはその楽しみがより良いものになるよう、普段では買えないちょっと高いビールや日本酒をプレゼント。ありがたそうに飲んでくれたときは嬉しかった」(31歳/サービス)
晩酌が日課という父親も多いでしょう。仕事終わりの最高の瞬間だと思います。もしも晩酌のお酒が娘の用意したお高いお酒となれば、晩酌の喜びも一層深くなるでしょうね。

必ず使う『ワイシャツやネクタイ』

「父がよく使うワイシャツとネクタイ。無難なプレゼントではあるけれど、柄や色はスタッフの人に父の写真を見せながら相談して選んだものだったため、父によく似合っていた。会社でも褒められたらしく、気に入ってくれたようで何度も着用してくれている」(27歳/運輸)

定番アイテムという安定感もさることながら、きちんと「父親に似合うかどうか」もスタッフと相談しているためデザインで外れることもありませんね。写真は父親のイメージをしっかり伝えるのに役立ちます。

いつまでも両親が仲良くいてほしいから『ペアグラス』

「母と一緒に使えるものがいいなと思ってペアグラスにした。デザインはお酒でもジュースでも何にでも合いそうな、透明でシンプルなもの。使いやすく母とペアという部分が気に入っているようで、昼間は麦茶、夜はビールと、一日中そのグラスを使ってくれている。もちろん、母も父と一緒にペアグラスを愛用してくれている」(31歳/飲食)

シンプルで何にでも合うグラスなら、使い勝手が良いためずっと使いますよね。そのグラスひとつですべての飲み物が楽しめるなら嬉しい限りです。また、ペアというものは特別感を出してくれるのでそれも新しい喜びを与えそう。

世界にひとつだけ『オーダーメイドの靴や寝具』

「父の健康維持に役立てばと思い、ここ数年はずっとオーダーメイド商品を贈っている。オーダーメイドの靴は足に馴染むため疲れにくくなったし、寝具は睡眠の質を高めてぐっすり眠れるように。『なんだかいきいきした気持ちになれる』と笑ってくれた」(33歳/介護)

オーダーメイドはひとりひとりに合わせて作られているため、使い心地は抜群でしょう。多少値ははりますが、その分の価値はあるはずです。試しやすい価格のオーダーメイドも増えてきましたよ。

ものは必要なし『手料理などの形に残らないもの』

「私は手料理を振る舞ったり、整体やマッサージのお店へ連れて行ったりして父の日をお祝いする。形には残らないけれど、欲しいものは自分で揃える父にとっては形に残らないもののほうが嬉しいみたい」(29歳/医療)

プレゼントは品物だけとは限りません。目に見えないものも立派なプレゼントになります。一人暮らしの娘が実家に顔をだすだけでもひとつのプレゼントになりますよね。

父の日は父に歩み寄るチャンス!

ひごろは父親と接することがほぼない女性もいるでしょう。でも、せっかくの父の日です。
この日だけは、自分から歩み寄ってみてはいかがでしょうか。
きっかけがないとなかなか素直になれないという人にはもってこいのチャンスですよ。
さらに、プレゼントに気持ちの込めた手紙も添えれば完璧です。きっと感動してもらえること間違いなしです!

written by 神之れい


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…