原因はカップル時代にあった!? 運命の人との結婚を失敗させる3つのミス

「運命の人だ!」と想い結婚した相手なのに、残念ながら離婚してしまう夫婦は決して珍しいわけではありません。なぜ、運命の人なのに別れを選んでしまうのか。その原因は付き合っている頃にしていた、3つのミスが関係しているのかもしれません! せっかく運命の人と結婚できたのに悲しい結果にならないよう、離婚経験者である筆者が語ります。

1.不満を解消しなかった

カップルの頃、彼への不満を見ないようにしてしまうのはよくありません。

たとえば、彼の浮気に困っている、だらしない習慣が嫌い、何度いっても治らない部分があるなど決定的な不安があったとします。このような性格的な不満は残念ながら”いつか治る”可能性が低いのです。

運命の人だと思うばかりに「ここだけ目をつむれば・・・」と不満を見ないようにして結婚すると、いつか我慢できなくなる日が来るかもしれません。そうならないためにも、カップルの頃に不満を解消しておくことが幸せな結婚への近道になります! もし不満があるのなら納得できるまでとことん話し合ってみてください。不満があっても「彼と結婚したい!」と思ったら、その不満と上手に付き合っていく方法を考えるといいかもしれません。

2.結婚後の生活をイメージするような会話をしなかった

結婚をするなら、カップルの段階で結婚後の生活のイメージを膨らまし、話をしておく必要があります。2人の頃はうまくいっていても、子どもが産まれれば生活スタイルが180°変化します。ですから、そういったこともふまえて、このまま仕事を続けるか専業主婦になるのか。どんな育児方針を持っているのか。結婚後の住まいはどうするか・・・など、結婚したらどう生活を変えていくのか2人の考えをまとめておきましょう。

結婚や出産後、夫婦間の関係が悪くなる理由の多くは”考え方の違い”です。運命の人と結婚できても、2人の向かう先が違ければうまくいかなくなってしまいます。結果「あなた、結婚前はそんなこといってなかったじゃない!」と喧嘩を引き起こす原因になってしまうかもしれません。

もしも、運命の人と出会えたら、さりげなく結婚後のプランや理想を聞いておきましょう。その後、結婚が決まった時点で、結婚後の生活についてしっかり話合うようにしてくださいね!

3.結婚を急かしてしまった

結婚がしたいからと相手を急かすと失敗する可能性が高くなってしまいます。長く付き合っていたから、そろそろ結婚がしたかったからと、”彼”より”結婚”が目的になると、彼本来の姿が見えなくなってしまうのです。これが結婚後「こんなはずじゃなかった・・・」と苦しむ原因になりかねません。

彼側も結婚を急かされ決心が固まらないまま結婚を促されると、急にプレッシャーを感じてしまいます。こうした数々の心の溝が、2人の結婚生活を失敗に導く結果になってしまうなんてことも!

悪いことは言いません。もっとカップルの時期を大切にしましょう。「早く結婚したい!」と焦って彼を急かすのではなく、自らが”結婚したい”と思われる女性になるように準備することが大切です。運命の人が「結婚してください」といってくれる瞬間こそが、二人にとってのベストタイミングと言えます。

今回のまとめ

離婚の原因は夫婦の数だけあって、必ずしも「これだ!」とはいいきれません。しかし、ラブラブなはずのカップルの頃に離婚の原因を作ってしまっているなら、避けて通りたい道ですね。

結婚への焦りは、失敗を生む可能性を高めてしまいます。あなたも運命の人と出会えたら、ぜひカップルの時間を大切にして結婚への準備をしてみてくださいね。

 

written by h103


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…