これさえなければ……! 男女が語る恋人との結婚をためらった理由5選

恋人のことが大好きだったとしても、結婚となればさまざまな問題がでてきます。
それらを一緒に解決できればいいのですが、なかには相手のことでどうしても結婚をためらってしまうものも……。
今回は、恋人との結婚をためらった理由を男女に聞いてみました。

彼の名字が特殊なのでその名字になりたくない

「彼の名字は少し特殊で、もしも子どもができたら学校でいじめられそうな名字。できれば一般的な名字がよかったので『私の姓を名乗ってほしい』と打診したものの、『そんなのあり得ない』と言われてしまった。夫婦別姓にできればいいのにと本気で思う」(31歳/サービス/女性)

子どもは名字でアダ名をつけたり、からかったりするときがあります。一般的な名字ならともかく、珍しい名字なら目をつけられやすいことも。とはいえ、自分が受け継いだ名字が大切というのもわかります。

彼が宗教に入信しており抜ける気がない

「彼自身のことは好きだけれど、彼は一家で宗教に入信しており辞める気は一切ないよう。結婚すれば私も入信しなければいけないので、それは嫌だなと思った。きっと子どもも入信しなければならなくなるし、それでは子どもの人生の選択肢が激減してしまうと思う」(33歳/製造/女性)

彼の家族が入信しているとなれば、自分も入信することになるでしょう。なにか制限・戒律があるようなら子どもの教育にも大きく関わってしまうため、入信はよく考えなければいけません。

彼女が子どもを望んでいない

「僕は将来子どもがほしいけれど、彼女は子どもを望んでいない。万が一妊娠しても堕ろしてしまうのではないかと思うくらい、子どもを拒否している。子どもか彼女、どちらかを諦めなければいけません」(31歳/介護/男性)

誰もが子どもを望むというわけでもないので、子どもが欲しい人と欲しくない人とが結婚をするのは難しそうです。なぜ欲しくないのか理由も聞いて、しっかりと話し合いたいですね。

彼女が家族と仲良しすぎる

「彼女は家族ととても仲が良く、とても良い家庭で育っている。それは良いことだけれど、そこに俺が入る余地はない雰囲気。彼女のご両親は彼女を『大切な我が家のお嬢さま』状態で育てているため、彼女を奪う俺は敵になるんじゃないかな。家族として迎えてくれなさそう」(25歳/小売り/男性)

家族と仲良しというのは良いことのように思われますが、仲が良すぎるのは考えもののようです。もしかしたら彼女は旦那さまよりも家族の意見を最優先してしまうかも……。それでは居心地が悪くなってしまいますね。

彼女に貯金がない

「給料が少なく一人暮らしなので仕方ないかとも思うけれど、彼女に貯金がないのは納得出来ない。結婚したらどうしてもお金が必要だし、俺だけの収入で二人分を養うのは無理。日々の生活はできても何か起きたときは心配。結婚してから彼女が貯金に目覚めてくれるなら結婚に踏み切れるんだけれど……」(35歳/アパレル/男性)

貯金がなければいざというときにとても困ります。できるだけお金はあるほうがいいですよね。なぜ貯金がないのか、今後はどうやりくりしていくのか経済的な面をしっかり確認する必要がありそうです。

二人の落とし所をみつけて問題を解決しましょう

何かしらの理由で結婚をためらうようなら、その理由についてとことん話し合い、お互いが納得する解決策を見つけたいですね。
白か黒かと結論をハッキリださずとも、お互いの落とし所が見つかれば結婚への対策はできると思います。結婚すればいくつもの困難を一緒に乗り越えることになるので、その一環として受け止めればいいのかもしれませんね。

written by 神之れい


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…