【インタビュー】イ・ビョンホン、超絶肉体美とバリスタの資格を持つオトコ

“キラースマイル”の異名を取る超絶イイ男! 韓国トップスターのイ・ビョンホンに「恋学」が直撃インタビュー! 今回ビョン様が来日した理由は、現在大ヒット公開中の映画『REDリターンズ』のプロモーションのため。なかなか日本に来ないブルース・ウィリスに変わって、ビョン様が映画のこと、彫刻のような肉体美のこと、あんなコトこんなコト語ってくれたよ!

世界が恋する韓国トップスターのプライベートにも迫っちゃったKARA!

超豪華キャストすぎてナーバスに! 超絶オールスター勢にビョン様が困惑!?

Q:今回の映画は、メチャクチャ豪華スターが大集合ですな! 最初、どういう気分でした?

オーディションをしなくてよかったけれど、僕はシリーズの1作目が気に入っていました。本当に映画としていいと思っていました。だから、今回の続編にキャストされたことを初めて聞いた時、まるで夢が叶ったみたいな瞬間に思いました。それから、あれほどたくさんのレジェンドたちと共演できると思ったら、楽しみでしかたがなかったです。もちろん、彼らの素晴らしい作品を子どもの頃から観て育ったわけで、だから本当に幸せに思います。

_G4A6711_re

Q:確かに本物のレジェンドで、作品のコンセプトにもピッタリなので、緊張はしましたか?

最初に撮影のためにロンドンに到着して、いざあれほどの大スターたちと共演することなった瞬間、実はちょっとナーバスになってしまいました(笑)。だから心配していましたが、実際に初めて彼らと会ってみると、彼らが僕をとても温かく歓迎してくださいました。緊張から開放されましたね。つまり、彼らは撮影していない時、人間として、より素晴らしいと思える人たちでした。おかげで本当にリラックスすることができて、すぐ慣れました。

プライベートでは読書や料理も! 実はバリスタの資格も持っている!

_G4A6734_re

Q:ところで、夏に公開になった映画『G.I.ジョー バック2リベンジ』の時も思いましたが、バッキバキの肉体美ですよね! 体を維持するために、どうトレーニングしていますか?


そうですね。ううん……僕は、普通の人と同じくらいしかトレーニングしていないですよ。

Q:え!? またまた、そういうはずないと思います(笑)。だってバッキバキじゃないですか?

もちろん、こういう映画の撮影がある時は、撮影が始まる3ヵ月前から準備は始めます(笑)。だから、今回の撮影のような体を作るとなると、当然すごく激しいトレーニングをしなくてはいけない。かなり厳しいダイエットもしないといけないです。だけど、そうじゃない普通の日は、本当に普通の人のようなトレーニングしかしていないですよ(笑)。だから、1週間に3日間くらいしか、トレーニングはしていないと思います。それは本当ですね(笑)。

Q:ちなみにプライベートな時間は、何をしていますか? 読書や料理などしていますか?

普段は、すごく、いろいろなことをしていますよ(笑)。うーん、時々料理はしますね。パスタなどです。それから、バリスタの資格も持っていますので、コーヒーを作りますね(笑)。

原点を失いたくない――韓国の文化の中での仕事が最高の仕事――

Q:ところで、最近のイ・ビョンホンさんは韓国を飛び出して、海外での仕事が続いていますね。アジアの映画界とハリウッドの映画界を比べて、最大の違いは、どこにありますか?


両方とも、それぞれ違った魅力があると思いますね。ただ当然、ハリウッドで仕事をするほうが、韓国で仕事をする以上に大変です。まず、言葉の問題があります。文化の違いもあります。だから、どうにかして可能な限り、早くそういうことに慣れようとしています。

Q:ハリウッドの超大作が続いていますので、キャリアのためにアメリカへ、と思いますか?

うーん、それはないと思いますね。僕の本拠地は、あくまでソウルだと思っていますからね。仕事で長い間、何ヵ月とか滞在しなくてはいけなくなったら、その時は、アパートを借りて生活しています。それに実際、最近ロサンゼルスで撮影があるということは、滅多にないですよ。ニューオーリンズだったり、ニューメキシコだったり、いろいろですよね。

Q:最後になりますが、今後はどういうスタイルで仕事を続けていこうと思っていますか?

今のような仕事の仕方が、気に入っています。それに僕は自分の原点を失いたくないので、韓国で、韓国語で、韓国の文化の中で仕事する時に、最高の仕事ができると思っています。

_G4A6653_re

イ・ビョンホンさん、ありがとうございました!

映画『REDリターンズ』は、大ヒット公開中!

 

(C) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

 

■取材・構成・撮影/鴇田 崇(OFFICE NIAGARA)

鴇田 崇の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…