ハマる女性が続出中!?スローセックスで快楽を得る3つのポイント

最近話題の「スローセックス」。どんなセックスなのか知っていますか?

前戯をちゃちゃっとして、挿入して、男性がイッて終了!・・・そんなセックスをしている人も多いはず。でも、スローセックスはこの真逆です。

イクことが目的でなく、セックスそのものを楽しむので、カップルにとって最高のコミュニケーションであり、女性は特に快楽を感じやすいともいわれています。スローセックスのポイントとは何でしょうか?

ポイント①時間を忘れて没頭する

スローセックスは「イクこと」が目的ではありません。「セックスそのものを楽しむこと」が目的なのです。

そのためスローセックスをするときは、時間を忘れて没頭することが大切です。

「セックスは夜寝る前にする」というカップルも多いと思いますが、

スローセックスをするときは、時間に余裕があるときを選びましょう。

休日に外出せずに、丸一日かけてスローセックスをカップルもいるほどです。

ポイント②「イクフリ」や「感じてるフリ」をしない

男性に気を使って、イクフリや感じているフリをするのは、スローセックスでは厳禁。自然にイクまで待つようにしましょう。

女性の大半が「セックスでイケない・・・」と悩んでいるようですが、その原因に前戯が少なすぎることが挙げられます。

男性は、キスをしてから挿入までの時間が短時間でも、すぐイクことができますが、女性の場合、感度が高まるまで、時間がかかるのです。また、女性は挿入よりも、抱き合ったり、キスをしたり、肌が触れ合うことで、性的興奮が高まります。

スローセックスで、時間をかけて、ゆったり肌を触れ合うことで、女性の感度が高まり、イキやすくなるのです。イクふりをしなくても、自然とカラダが反応してくるはずです。

ポイント③指先を使う

男性の体に触れるときは、手の全体が肌に触れるのではなく、指先だけを使って少し浮かせながら、肌をそっとなぞるように触れるようにしましょう。

自分でやってみるとわかると思いますが、手全体で触っても何も感じないような部分も少し浮かせて指先だけで触ると、くすぐったくて、ゾクゾクする、なんともいえない感覚になるはずです。

これにより相手の性的感情が高まったり、新たな性感帯が見つかることもあるのです。

 

スローセックスに興味がある人も、いつものセックスがマンネリぎみカップルも、是非一度スローセックスを試してみましょう。新しいセックスの魅力にハマること間違いなしです♡