35歳を過ぎた女性は、駆け引きができなきゃダメ? その理由は○○

35歳は女性にとって、いろいろな意味でターニングポイントになります。人間としては、ますます円熟していく年齢だといえますが、恋愛や結婚を望む上では20代の若い女子に、どうしても見劣りしてしまうでしょう。
男性からは恋愛対象に見られにくくなるはず。35歳という年齢を聞いた時点で、男性はやっぱり身構えてしまうようです。

けれど、35歳を過ぎても彼氏が切れない女性だっていますし、35歳を過ぎた女性に恋する男性だっているのです。
もちろん、魅力に個人差はあるでしょうが、35歳という年齢を境界線に、恋愛ができる人とできない人が出てくるのだとしたら、その理由はいったい何なんでしょうか?

35歳は見た目で勝負しない

35歳というと、立派な大人です。けれど、決して若くはありません。35歳を過ぎた女性は、若さで勝負しても自分より年下の女性に勝つことは難しく、わかりやすい見た目で勝負することは避けるべきでしょう。
ミニスカート、ホットパンツなどを履いて足を見せたり、胸元が大きく開いたシャツを着たりしても、男性はいまいちピンと来ません。好印象を与えるわけではなく、逆に『下品』『年相応のオシャレができない人』と見られてしまいます。

また、つけまつげや濃いアイラインなど、派手なメイクも30代に入ると違和感があります。髪色も黒か濃い茶色といった、落ち着いた色味にするのが良いでしょう。
ナチュラルメイクとダークカラーの髪の毛が大人の雰囲気を漂わせて、男性には好感を持たれるのです。

大人の女は駆け引きが必要!

35歳以上の女性は、見た目で勝負をするべきではないため、恋をするときは工夫と技が必要です。何でも直球勝負をしていては、やっぱり男性から注目されにくいでしょう。また、ある程度の駆け引きをしないと、ちゃんとした恋愛対象には見られない可能性が高いのです。

尽くしすぎると、男性からは『なんでも言うことを聞いてくれる人』と舐められてしまいますし、逆にイイ女・モテ女を気取ると『扱いにくい人』として敬遠されてしまいます。
そして、35歳を過ぎれば、自立心があることや仕事ができることが魅力の一つにはなりますが、そこを強調しすぎてキャリアウーマンを演じれば、男性の目に『可愛げのない女性』と移りますし、綾瀬はるかさんを真似して天然ぶるのは、35歳ではさすがにキツイでしょう。男性には天然と受け取ってもらえず、『なんだか痛い人』としか思われないはずです。

そのため、愛嬌はあるけれどおバカすぎることがなく、適度に思わせぶりな態度が示せる35歳こそ、男性から恋愛対象に見てもらえるのです。

35歳の駆け引きとは?

男性を立てるのがうまく、その気にさせるんだけど、自分を安売りはしない。駆け引きというと、男性とある程度の仲を築いてからするものと思うかもしれませんが、35歳を越えたなら、基本スタンスから駆け引きすることが大事でしょう。

また、駆け引きというと『相手を焦らす』ところに目が行く人も多いはず。しかし、35歳の基本的スタンスとしての駆け引きでは、まず優しく好意的に振る舞うことが大事です。ツンデレの『ツン』を先に見せたら、男性は敬遠するだけ。恋愛対象には見てくれません。
ですので、とりあえず男性に親近感を与えて、「いいな」と思わせましょう。そして、男性が好感を抱いて近寄ったところで、「私は確かに優しいですけど、何でもかんでもアナタの言いなりになるわけじゃありませんよ」という姿勢を示します。

つまり、安売りをする部分と、高値でもったいぶらせる部分はハッキリさせるということです。安売りし続ければ、二番目に甘んじてしまいますし、高嶺の花気取りでは痛い女になってしまうはず。基本はオープンで好意的に振る舞うとしても、どこで引くかはキチンと見極めるべきだといえます。

おわりに

駆け引きは面倒だから嫌い、できない……という女性も少なくありません。でも、だめんずと付き合ったり、二番目彼女に甘んじたりするのではなく、ちゃんとした素敵な彼氏と付き合いたいと思うなら、工夫と技はするべきでしょう。

少々難アリな彼氏に泣かされるよりは、マトモな男性に見初めてもらい、苦労の少ない恋を手に入れた方が賢明だといえます。
「できる・できない」ではなく、駆け引きをすることで35歳を越えた女性は恋ができるのだと思った方が良さそうです。

Written by 岡崎咲


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…