「不要な縁を切れば本命が現れる」を信じてはいけない理由

占い結果や周囲から「不要な縁を絶ち切れば運命の出会いは訪れる」とアドバイスされたことがありませんか? 果たしてそれは、本当なのでしょうか。

lgi01a201410191900

不要な縁とは?

あなたにダメージを与える人との縁は、明らかに不要なものであることがわかります。一緒にいるとイライラする人。話していると気持ちが沈んでくる人。批判されたり危害が加えられたりと、あなたの中で恐怖心や反発心、苦手意識を持つ相手であれば、迷いなく関係を断ち切れるでしょう。

けれどそこに感情が加わると、心境や状況は複雑になってきます。
・不毛な関係だとわかっていても、好きだから離れられない
・愛情は抱けないけれど、自分を愛してくれる人と一緒にいたい
・物理的メリットが得られるから別れられない
・一人になるくらいなら、誰かと一緒にいる方がさみしくない

など、このような理由が原因で縁を絶ち切れない人が、実に多くいることがわかります。しかし、果たしてこれらの関係を「不要な縁」と断定してもいいのでしょうか。相手の立場や状況がどうであれ、好きになれば一緒にいたいと願うのが恋です。それに現時点で二人の未来がないからと言って関係を絶ち切ったところで、あなたが幸せになれるという保障はどこにもありません。

相手を「必要」とする限り、二人の関係は継続される

良いか悪いかは別として、出会いには必ず意味があります。縁は目で見えないものですから、信じられないという人も中にはいると思いますが、どちらかが相手を必要とする気持ちがあるからその関係は成り立つのです。

つまり、つらくて不毛で将来のない恋だとしても、「今」のあなたにとって必要な存在なら、その関係を断ち切ろうとすれば、関係を続ける以上の苦しみや胸の痛みが伴います

その痛みを味わってでも負のスパイラルから抜け出し幸せになりたいという強い気持ちや覚悟があるなら、相手を不要だと頭で判断した時点で潔く関係を断ち切った方が次の恋の訪れも早まるでしょう。

けれどそれができない段階で気持ちに抗い行動を起こしても、ストレスは蓄積されるばかり。考えあぐねた末、また元の場所に収まってしまいがちです。

「特別枠」を作りつつ、別の異性にも目を向けて!

結局のところ、幸せはあなたの心が決めることです。好きな人と一緒にいることが幸せなら、その点が満たされればあなたの心も満たされます。それに相手に受け入られなくなれば、いくらあなたが求めてもその関係自体、成り立たなくなるのです。

不毛な恋を推奨するわけではありませんが、あなたにとってその人が「必要」か「不要」かを考えれば、自ずと答えは出るのです。「将来がないから」「理想の恋ができる相手ではないから」など、その人との関係を断ち切りたい理由を幾つ並べても、心が「必要」としている限り二人の関係は続くでしょう。

ならばその人と共に過ごし、“自分なりの幸せ”を得ながら精神的に安定した毎日を送り日々を充実させることに努めた方が、良縁を引き寄せ運命の出会いも訪れやすくなるはず。本当は不要な縁でも、今の自分には必要な「特別枠」の存在だと割り切りお付き合いを継続させ、別の異性にも目を向けながら運命の恋の訪れを待ってはどうでしょうか?

★★★恋の教訓★★★
 幸せはあなたの心が決めること。
   「特別枠」を保持しながらも、別の異性にも目を向けてみましょう!