シングルマザーはなぜモテる?男子が求婚したくなる理由とは

みなさんの周りにシングルマザーの友人知人はいませんか?
そして、その女性は現在、彼氏がいたり求婚されていないでしょうか。

一見、子供がいてバツがついている訳ですから、モテないと思いますよね。ところが現実はそうではありません。「若くてバツもなくもちろん子供がいない自分より、なぜシングルマザーが求婚されるの? 」か、気になるところ。

そこで今回は、なぜモテるのか?魅惑たっぷりのシングルマザーの魅力についてご紹介いたします。

男子はシングルマザーを守ってあげたいと勝手に思う

男子の多くは、女性に頼られるのが大好きな生き物です。その延長線上に「守ってあげたい」と心のどこかで思っています。
シングルマザーは、その守ってあげたい気持ちに応えるに等しく、また、最たる存在なのです。

当然、シングルマザーには子供がいます。守ってあげたいという気持ちも2倍になります。守るとは、経済的にも精神的にもですが、未婚の女性よりも守る存在が多い分、守ってあげたい気持ちが強い男子ほど、シングルマザーに強く惹かれてしまうのです。

子供と生き抜く『覚悟』が魅力を引き立てる

シングルマザーと未婚女性の大きな違いは、子供がいるかいないか。
そして、それは大きな意味を成すことなのは女性の皆様なら一番おわかりでしょう。

どんな事情があれ、子一人母一人でこれからの人生を歩んでいかないといけません。
シングルマザーは先のことはわからないにせよ、子供と生き抜く覚悟を決めています。
その覚悟があるのとないのとでは、人間としての魅力、強いては、女性としての魅力が一味も二味も違ってくるのです。

おちゃらけているキャラでも、見るからに女々しいタイプの女性でも、いざ、子供が窮地に立たされたなら、悪魔にでも立ち向かう覚悟がとうにできている、そんな芯のある女性に男子は惹かれてしまうのです。

失敗が功を奏す!酸いも甘いも経験したほろ苦さに心奪われる

芯のあるシングルマザーは、酸いも甘いも経験し、人生のいろはが何たるかを少なからず学んだ経験豊富な女性です。
恋愛、結婚、夫婦生活、出産、家事育児、仕事、離婚という経験を通し、人生を学び、男子という生き物を肌で感じてきました。

具体的にはどんな時に活かされるかというと、例えば“言うべきか言わざるべきかの感覚の上手さ”を感じます。
そんなものは、結婚を経験していなくても次第にわかってくることでしょうが、若いシングルマザーと若い女性とを比較すれば、その差は歴然です。

「これを言えば気分を損ねるかもしれない」、「この言い方は適切ではない」と経験から察し、我慢のできるシングルマザーは同時に、男子を見る眼力も養われているのかもしれませんね。
また、芯のある女性でもあるので、言うべきは云い“叱る”ことができるのもシングルマザーの特徴なのです。

恋愛~結婚へのプロセスを経験済み

結婚できない人は、どうすれば結婚まで辿り着けるのかわかりませんよね。
もちろん、シングルマザーはそれを経験済みです。

男子のタイプは千差万別。一度の結婚ぐらいで全てがわかる訳ではありません。ただ、少なからず、自分が結婚するまでに至った経緯と比較することはできます。
何かしらの共通点を探ることも可能ですし、備わった眼力で、その男子が自分との将来を真剣に考えているか、子供のいるシングルマザーだからこそ感じ取れることはできます。

ただの恋愛か、将来を考えるべき相手か、それを見極められるシングルマザーは、男子を裁量する基準が未婚女性よりも感覚的に備わっているのでしょう。

シングルマザーという肩書は男子を選別する『篩(ふるい)』

最後に、『シングルマザー』という肩書は、寄ってくる男子を自然に選別できる篩(ふるい)の役割を果たし、よりよい男子を引き寄せる効果を発揮していること知っておきましょう。

1点目は、シングルマザーと知って離れる人とそれでも関係を続ける人か。
2点目は、子供と自分とを養える経済力があるかないか。
3点目は、血縁のない子供を愛せるか否か。受け入れられる懐の大きさのある人か。

第一関門である、1点目で大きく篩にかけ2、3を吟味していく方式です。2点目は現実的に考えれば重要ポイントですが、何よりも大切なのは、3点目です。
もし2点目がクリアできなくても、3点目がクリアできていれば、将来を考えるシングルマザーの人もいるでしょう。
そうやって篩にかけ無駄打ちを減らすことで、何度でも結婚するシングルマザーもいるのですから、篩いにかける工程は、恋愛においてかなりの効果を発揮するのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?
未婚女性もシングルマザーから学べるところは沢山あったのではないでしょうか?

シングルマザー独特の『味』は出せなくても、『男子を選別する基準』を明確にすることで自分が求めている男性を割り出せるとともに、無駄打ちを減らすことは可能ですので、未婚女性はシングルマザーをひがむのではなく、少しでも学んで、自分の恋愛に活かしてみましょう。

written by 瀬戸樹


この記事どうだった?

23いいね!

3うーん…