彼に手放したくないと思われる女になる心理テクニック

自分と似ている人か果たして真逆なタイプの人かどちらの方が良いのか悩んだ経験はありませんか?
実はこれはどちらも欠かせない大切な要素。
うまくいけば彼をずっと夢中にさせられるんです。
彼が「手放したくない」と思う良い女になる心理テクニック。

■出会った瞬間、親しくなるには「類似性」。

引用元

例えば同じ物が好きだったり同じ物が嫌いな人とは初対面でもなんだかこの人とは仲良くなれそうと思いますよね。
これは親近感が沸くからでありその方が楽しくお付き合いできるから。
楽しいことの共有はより関係が深まり親しくなれるのです。
もちろん嫌なことを一緒にしても仲は深まります。
合コンでお互いあまり楽しくなくて意気投合した、なんて話もよく聞きますよね。
つまり「同じであること」「似ていること」が親しくなるためには大切なのです。
「同じにおいがする」というあの直感のようなものは運命的なものを感じて気持ちが高まるもの。

■「相補性」で相手の足りない部分を補える関係を築く。

引用元

付き合ってしばらくたつと次は「お互いがお互いの足りないところを補おうとする力」が求められるようになってきます。
いつまでも「好きな物が同じ」「嫌いな物が同じ」だけでは難しくなってくるからです。
今度は似ていない部分が重要になってくるということですね。
几帳面な人と大雑把な人のカップル、ポジティブな人とネガティブな人のカップル。
うまくいくようにできているのです。
自分ができないことを相手ができると尊敬できますよね。
彼が苦手なところはカバーしてあげるようにすると「俺にはこいつしかいない」「一生手放したくない」と思ってもらえるのです。
最初は「俺たち似てるのかも」から始まった関係なので長続きしやすいという訳。

引用元

自分と似ている人か真逆な人かは正直あまり関係がないことのよう。
親近感から始まりそれが安心感に繋がるのです。
心理テクニックでいつまでも手放したくないと思われる女性を目指しましょう。

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…