「私ってどっち!? 」本命とセフレを決定づける言動

もし自分が今、「本命」なのか「セフレ」なのか分からない彼がいるのであれば、このコラムを読んでください! そして、できれば次に会った時にでも確認してみてください。女性の経験者からの貴重な証言を元に、「本命」と「セフレ」を決定づける言動をいくつかご紹介いたします! 

「セフレにはわざわざ日曜日に会わない」

Sさんの証言からまとめました。Sさんのセフレはだいたい週一くらいの頻度でSさんの家に会いに来ていたようです。
でもほとんどが平日の夜。そんなある日、土曜日の夜に酔っぱらって終電をなくした彼がSさんの家に来たそうです。
Sさんは喜びました。泊まっていくんだから会社が休みの日曜日は一緒にどこかへデートに行けるかもしれないと。

しかし、それを彼に伝えたら「家で仕事があるから行けない」と断られたそう。
それ以降も数ヶ月関係は続いたらしいのですが、結局どこにも連れて行ってもらえず関係は終わったのだとか。
セフレはあくまで体だけの関係。わざわざ日曜日には会わないわけです。

「家を出たあともすぐにメールがくる」

一晩アツアツな夜を過ごしたとしても、翌日お互い仕事があるため帰宅しますよね? 見極めポイントはそのあとにあります。
Mさんの証言をご紹介いたしましょう。バイバイしても数時間以内に必ず彼から連絡があるような恋愛をしている時は、だいたい本命として見られているのだとか。体が離れても心は繋がっているということを伝えてくれると女性はほっとしますよね。
セフレの場合は、そのような連絡がいっさいなし。「会いたい時にだけ連絡がくるはず」だそうです。

「本命には体を求めてこない日もある」

セフレがなぜ会いにくるか? その目的は一つ。ですので、会えばかならず体は求められます。しかし、本命であれば求めてこない日だってあります。ただ抱き合って眠る日があったり、キスをしあっていい感じになってもそれ以上はしてこない夜があったり。
「触れ合っていても優しくよしよししてくれるだけの夜があったときは大事にしてくれてるんだって感動した」と話すのはHさん。

それまでの恋愛はどちらかというと大事にされることがないような恋愛だったそうです。
なので、その彼とつきあった当初は、色々と驚かされたのだとか。ちなみにこのカップル、今は結婚して幸せに暮らしていらっしゃいます。

「セフレには未来の約束をしない」

最後はNさんからの証言です。本命ならば、明日やあさって、あるいは一年後の約束ができます。
しかし、セフレとはそんな約束できないわけですよね。なので「次いつ会える? 」などという質問は、自分が本命かセフレなのかを確認するのにちょうどいいと思います。「ちょっと分からないな」とにごされたらグレー。「また連絡するよ」というのもあいまい。ちなみに「また連絡するよ」という言葉は、「また俺が都合の良い時に連絡するよ」と言い換えることもできますからね、ご注意を。

Nさんと彼は、Nさんの方が好きになってアプローチした結果、体の関係になったのだとか。
しかしその後、次の約束を聞いても明確な答えが出なかったため、しびれを切らしてNさんの方から切ったとのこと。
そうですよね。未来の計画を立てられない相手は信用できないかもしれません。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? あなたの恋愛相手はどれにあてはまりますか? 答えを知るのが怖くてビクビクしていては時間がもったいないですよ。ここは一つ。何かしらアクションを。

Written by ヒナタ

ヒナタの他の記事を読む


この記事どうだった?

13いいね!

6うーん…