フランス人の恋愛から学ぶ。いつでも恋ができる人の理由とは?

フランス人の恋愛

フランスでは「人は死ぬまで恋愛をするが、その相手は変わる」と言う諺があります。

日本では愛する対象を変えることは悪いこととされていますが、フランスでは生きてたらそういうことってけっこう有るよね、で終わります。

フランス人の恋愛感とは

愛は育てることができますが、ある一瞬で消えてしまいます。

恋愛は臆病な小鳥のようなもの。

捕まえようとジタバタすると余計遠ざかってしまいます。

フランス人の心とは

フランス人は自分と他人は「違う」ことを徹底的に教えられます。

これは他人の「心」を想像しない、ということです。

自分の心や意識は瞬間でハラハラと変わります。他人の心も同じように変わることを幼児の頃から叩き込まれます。

以下は、フランス人が考えないことです。一方、あなたはどうですか?

×あの人はこう思っているに違いない

×今、こっちを見たから私のことを考えているに違いない

×こうしたら、こういう人だと思われちゃう

×嫌な人だと思われたかも

×いわなくても判ってくれるはず

フランス人は他人と自分が違うからこそ、余計恋愛を喜ぶ

違うからと人の気持ちを無視したり、否定するとのではありません。

違う人間が集まっている、そこで何かしらの接点があったことを喜びます。

フランス人は他人と共感することを好みます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

フランス人の恋愛感をご紹介させていただきました。

あなたの恋愛のお役に立てれば幸いです。

愛を込めて。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…