【セフレ】要注意! “本命彼女”に昇格できない「ブラックセフレ」の特徴

「私は彼のセフレだけど、いつかは……」と思っている女性は多いかも。
本命彼女になれることはときにありますが、中には昇格できない場合があります。セフレから本気の交際になる・ならないは相手の人格によるのです。

頑張っても本命になれないセフレ。なれるセフレ。今回は、それぞれの特徴をまとめてみました。

■本命になれない「ブラックセフレ」

■性格は?

このタイプの性格は俺様型、プライドが高い、人より優秀、自分勝手。つねに上から目線ですが、愛ゆえに「そういうところが男らしい」と思ってしまいがちです。

確かに仕事もでき、切れ者なので女性からの人気は高いです。なので彼と二人きりで会えることに優越感を持ってしまいますね。しかしデートが決まっても自分勝手な理由でキャンセルしたり、ドタキャンも多いです。

■連絡頻度

彼からは連絡をしてきません。してくるのは会う前だけ。日常会話のメールやLINEなどはなく、何気ない会話を送っても返ってきません。そこで落ち込んでも仕方ないので、強いメンタルが必要です。

こちらが連絡や日常会話の送信を減らしても気にしないようです。強気なので「あ、そう」という感じなのでしょう。

■男の存在を匂わせると

「ラッキー。五分五分じゃん」と喜び、嫉妬などはしません。たとえ嫉妬しても態度に表すことはないでしょう。しかし、プライドが高いので「他の男がいる女と会っている自分」が許せなくなり、それっきりにしてしまう可能性も。

■女の数

モテるので女性に不自由はしません。美人タイプ、かわいいタイプ、清楚系など、ジャンルごとにいたり。「呼べば来る」「たくさんいるんだ」と宣言や自慢することも。

そして、この反対のタイプは……

■人間味のある「ホワイトセフレ」

■性格は?

優しく、穏やかで草食系っぽいです。とても気が合うし、性格もいいので「本当に付き合っている」感覚に陥ります。

とても楽しいので、友達のように盛り上がったり、恋人のように一緒に出掛けたり旅行をしたり。ただ「付き合っている」意思の確認や告白がないだけです。

■連絡頻度

恋人同士のように毎日連絡し合い、日常の報告や世間話なども楽しく話します。

また、忙しくなって、こちらから連絡をしないでいると、慌てて連絡してくることが多いです。失うのが怖いのですね。素直で憎めないですが、セフレです。

■男の存在を匂わせると

途端にあせり、嫉妬してきます。急に「好きだ」と言ってきたり……。「他の男がいるの?楽しく過ごしてきたのにどうして?」と、とにかく動揺します。他の男の出現は青天の霹靂、予定外で想定外なのです。

■女の数

もともとモテないタイプや、たまたまセフレが出来たケースが多いので、あなたしかいない場合が。「女性は君だけしかいない」と言ってきますが、それって誠実なわけではないですよね。誠実に思えますけれど。

ちなみに性癖と、性格は必ず一致しないので、セックスのしかたにはあまり現れません。
優しくおとなしい人が激しいエッチだったり、マニアックなどはよくある話です。

■ブラック&ホワイト タイプ別対応

ブラックセフレの本命に昇格するには、とにかくほめまくること。彼の味方になり、できる限り喜ぶことをしてあげます。そして突然連絡を断ちましょう。

しかしブラックはこちらがアッサリな態度に変わっても平気で、同じように向こうもアッサリな態度に変わります。他にもセフレの女性がいることが多いので、終わってしまう確率は高いです。

失うのが惜しくなり、慌てて愛を言ったり怒ったり悲しむホワイトの場合は、コントロールしやすいので、謝罪と反省の言葉があるまでこのまま断ちます。そこで「本命にしてくれなければもう終わりだよ」と言って揺さぶります。

ホワイトセフレなら頑張れば本命になれる相手です。ブラックセフレは一枚上手なので、どうにもならない手ごわい相手。もっと誠実にに恋愛をしてくれる人を探しましょう。

ウレぴあ総研の他の記事を読む

この記事どうだった?

6いいね!

7うーん…