異性を惹きつける3つの要素「謎、影、闇」

「初めから全てが丸見えだったら、面白くないよね。」

こんにちは、しゆりです。
人間は「見えないもの」「見えそうで見えないもの」「隠されているもの」に興味をもちます。
ちょとでも何かあると分かればどうしても知りたくなってしまうのは、人間の悲しい本能の仕業です。
これは恋愛の場面でも同じで、異性を惹きつけてしょうがない人には共通して「謎、影、闇」という3つの要素のうちのどれか(若しくは全て)が備わっているのではないかと思います。

ちょっとミステリアスな雰囲気を醸し出している人って、謎めいてて、ちょっと異彩を放っていますよね。
おかしい人って言ってしまうにはちょっと違う「謎めいた」雰囲気。
何が謎なんだというわけじゃなくても、その人の存在が周囲からは良くも悪くも「浮いて」見えるような、それってその人の個性のひとつなんだと思います。

そしていつの間にかそういう人のことが気になっているあなたは、既に「恋」しているんだと思います。
たとえそれが恋の感情ではないとしても、あなたが気になる謎めいた雰囲気のその人は、あなたに何かしらのメッセージや気付きをくれる可能性が高いのではないかと思います。
なので、ちょっとだけ、近づいてみるのもいいかもしれませんよ?

気怠そうなんだけど、その影の感じが妙に「アンニュイ」で、ちょっとイイ味出している人っていますよね。
Sっ気がたちこめているようでもあり、その人に怒られると「ありがとうございます! 」って言いたくなってしまうような……。
(それは少しドM寄りかも知れませんけど)
まあ実際、蓋を開けてみたら本当にただ疲れていて怠いだけなのかもしれませんが、その雰囲気で人を惹きつけられるなんてちょっと羨ましい気がしちゃいます。
雰囲気というのは、自分自身ではなかなか演出できませんからね。

しかしこういう人は色んな意味で「性格が変わっている」ことが多いようですので、気になってもまずは遠くからそっと観察しておくことをお勧めします。
でも影のある人って皆さんお綺麗なんですよね、だから異性が放っておかないんですけども。
とりあえず影にもいろいろあるということを覚えておくといいでしょう。

結局暗がりの中にばかり要素が詰まっているのはなぜか?
それは、はっきりとは分からないものの中に何かを見つけ出したいと思うヒトの心理の仕業です。

3つめの「闇」、これは言えない過去だとか、その人があえて隠しているような事柄、知っている人は知っているけれど、親密でないと知り得ないような秘めたる内容がヴェールとなっていることが殆どです。
そこに触れるのには覚悟がいるくらいの何か重大なことを持っている人は、その事柄から自分を守るための狂気のようなものを心に秘めていて、それが他人には「惹きつけられる要素」として映るようです。

たとえばPTSDのように心に傷を抱えている人は、怯えがそのように表出されたりもしますので、そこには安易な気持ちで踏み込んだり、深読みするべきではないことを覚えておかなければいけません。

ですがそういう傷は、誰かが受け止めてあげることで「自分は守られている」という安心感を得られ癒されたりもしますから、あなたがもしそういう相手と向き合うことがあったなら、きちんと受け止め、誠実に守ってあげてほしいと思います。

おわりに

心の中は簡単に見えないから、相手のことがよくわからなくて不安になったり、もっと知りたくなったりするものですが、人間と人間のコミュニケーションはそういう見えない部分の探り合いありきです。
言葉で通じ合える部分なんかはほんの少しです。
気になる相手がいて、その人のことが知りたいと思ったらまずはそれとなく観察してみることです。
色んな表情を見ながら恋する時間というのも、乙なものですよ。(でもガン見しないようにね)

Written by しゆり


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…