【年代別】友達以上恋人未満が意味すること

10代の女子がこの項をお読みになっているのかどうなのか定かではありませんが、今回は10代から40代まで、年代別に、「友達以上恋人未満」の関係が意味するところを見ていきたいと思います。さっそくご紹介しましょう!

10代「恋の練習」

「10代のときの『友達以上恋人未満』って、今から思えば、恋のレッスン、恋の練習でしかなかったと思います。そのときの彼には悪いですが、よくあんな男子のことを好きになったなあ、わたし……って思いますもん(笑)」(35歳・歯科衛生士)

一般的に言って、10代って、恋に恋しているものです。
人を好きになるとはどういうことなのか? 胸がキュンとするのは恋しているからなのか? 単純に淋しいからなのか? このような質問に自分で答える練習をしている時期が10代です。

もっとマジメな女子なら「愛とは? 」とか「人生とは? 」という思春期特有の課題に漠然と悩んでいるかもしれません。
そういう薄暗い道の途中で出会った「なんとなくかっこよくて爽やかな彼」と「愛」の関係とは? みたいな壮大にして愚かな(!)ことを考えているのでしょう。
だから10代の恋は実らなくて当然だし、10代からつきあっているふたりが結婚したら、わりと拍手喝采されるのです。

20代「男のエッチな思考がよくない」

「20代の友達以上恋人未満って、結局、男子の『エッチしたい』という気持ちを抜きに語ることができないと思うんです。男子は、ホントにその女子のことが好きなのか、エッチしたいだけなのか、はっきり言わないでしょう? それに女子が翻弄されているだけなんです……というのが、35歳のわたしの考えです」(35歳・カラーコーディネーター)

恋に恋する10代をどうにか後ろに送ったら、今度は「好き」なのか「エッチしたいだけ」なのか? という議論に巻き込まれる……20代の友達以上恋人未満とは、そういうことのようです。生きるって大変です。

30代「告白するタイミングがわかりませんでした」

「30代の友達以上恋人未満の関係って、要するに告白するタイミングがわからなかったということでしょう。男女お互いに、そこそこ恋愛の甘いも酸いもわかっているので、遊びたいだけの相手は、友達以上恋人未満と言わないものです。『遊ぼっ! 』って言いますよね、ふつうは」(37歳・生保)

30代になれば、友達以上恋人未満の関係の彼に、女子から堂々と告白しても、どうにかなりそうかもしれません。
もっとも30代って、前半と後半でおおきく考え方がちがうと思うので、この限りではないとお考えの人もいるかと思いますが。

40代「不倫のにおいしかしない」

「40代の友達以上恋人未満の関係って、不倫のにおいしかしません」(50歳・会社経営)

これは、あなたが40代になったときに、どうお感じになるか……というのを、お聞きしたいです。
が、取材をしている限りにおいては、「まあまあ正解」だろうと思いましたので、ご紹介しました。

40代……たいていの人は結婚しています。自分が生涯で稼げるお金も社会的な地位もだいたい見えています。
結婚相手が稼いでくるお金も見えてきます。おうちも買いました。そこそこの車もあります。
子どもがいたら、子どもの未来がなんとなく見えてきて、鳶は鷹を産まないということがリアルにわかってきます。
こういう状況になると、若い頃とはちがう「恋することの意味(意義)」が出てきます。
それをベースに話さないと、ただのワイドショー的談義になって、どうにもならない。

おわりに

いかがでしたか?
こうやって見てみると、友達以上恋人未満という関係が、いかにしんどくてややこしいものか、よくわかりますよね。
そして、このしんどくてややこしいものを全身を使ってくぐり抜けて、一定の答えを見出さないと、恋という素晴らしくも危険なものをうまく扱えるオトナになれない。
友達以上恋人未満という関係は、神様が与えてくれた「人間的な成長」を遂げるための課題です。
あ~しんどッ!

Written by ひとみしょう


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…