変われる人・変われない人の違いとは

「言い訳なんかしていいわけ? 」

こんにちは、しゆりです。ダジャレでスタートしてすみません。でも今回はまともな話をします。
最近、個人的に新しいことをいろいろとやり初めているのですが、そこでの大きな気付きに「変われる人と変われない人の違い」というものがありました。

今までは何となく持っていた価値観だったのですが、確固とした価値観になるきっかけに出会って、自分のものの考え方が刷新されたような気がしています。
変わることは悪いことではない、新しい自分になることです。

素直さ

何かを今よりもっとよくしていきたいと思うのなら、現在の自分の認識や理解、一般的な常識全てを認めること、それと同時にこれらを全て過去のこととして壊していかなければなりません。
そのために教えを乞うのなら、その人や物事に対して誠実な態度で向き合う「素直さ」、つまりまっすぐな気持ちも絶対に必要になります。

不安を抱えるのは仕方がないとしても、何かをしようとする前から疑ってかかったり、ハナっから信用していなかったり、本気のマインド持っていなかったりする人は、残念ですが変わることはできません。
本気の素直さの元に成功は生まれる、それが現実だからです。

考え方

口を開けば「だって」とか「どうせ」などという「言い訳節」が出る人はまず変われません。
それは「できない」んじゃなくて「やらない」からであって、やらない以上は今の状態からは何も変わることができないのです。
そういうことをピシャリと言われて「はっ」と気付くことができるあなたはギリギリセーフです。
物事を変えていくにはまず今に納得しないこと、いつも問題意識を持って、常に新しいことへと改革のコマを進めようとする目的意識がなくてはいけません。

それから、自分自身が変わるためには「ポジティブさ」&少々踏まれてもへっちゃらな「雑草魂」も大事です。
今のままでいい! と思うのも、もっと上へ! と突き進んでいくのも自分次第ですが、生きていく上で現状維持を追及していてはこれ以上の成長は見込めないということです。そんなのつまらないと思いませんか?

行動力

最終的には頭の中で考えたことを、実行に移さなければなりません。
「○○しようと思ってるんだけど、△△△だから」
という人がいますが、コレって結局何もしないのと同じですよね。
たとえすごくやる気があっても行動に移さなければ、何もしていない人と同じです。
失敗をおそれたり、面倒くさいなど理由は様々でしょう。しかしやらなければ何も変わらないし、うまくもいきません。
当然のことですね。

せっかく自分の変えるべき何かに気付いているのに、変えようとしないなんて、すごくモッタイナイ!
誰しも気付ければ変われるものなのですから、自分自身を信じてやってみましょうよ!

おわりに

私でも落ち込むことはあります。
しかし少し落ち込んで、そのしんみりしたやつが身体に染み渡ったら心のスイッチを切り替えてまた他の手を使って再挑戦します。
自分の人間性をもっと向上したいと思うのなら、変わっていくことは大事なプロセスになります。

なぜなら、あなたが前よりも質の高い人間になるということは周囲にも「変わるっていいな」と感じ取ってもらえることであり、あなたをお手本にして変わっていく人が増えれば、あなた自身のモチベーションを維持していくエネルギーになってくれるからです。

ここに留まるのも、先に進むのも自由です。
でも私はもっと先にあるものを見てみたいから、進んでいきます。

Written by しゆり


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…