謎すぎる!ブスと付き合うイケメンの心理とは

「あなたはどうしてロミオなの?」

シェイクスピアの古典に始まり、世の中は不思議なことばかりです。斎藤工はどうしてあんなにセクシーなの?税金はどうしてあんなに高いの?どうして不倫男の鉄板は「妻とは家庭内別居状態」なの?

そんな数々の不思議のなかから、ここでは「おブス女子をカノジョに選ぶイケメンって何者なの?」に的を絞り、検証したいと思います。

◆美女と野獣の逆バージョンカップルに「ファッ?」

街を歩いていると、超絶イケメンと、顔面偏差値は決して高くない女子のカップルをちらほら見かけます。自分の容姿を棚にあげて、他人の容姿をとやかく言うのが性格悪いってことは百も承知!しかしそれはあくまでもイイ子ちゃんのスタンス。心の中では、美女と野獣の逆バージョンカップルに「ファッ?」と、驚きを隠せない独女もいるでしょう。

彼らは……ホストと太客です!というケースは除いて、カノジョに対して顔面偏差値を求めないイケメンもいるようです。では、ブスと付き合うイケメンたちは、付き合う上で何を重視するのでしょうか。

◆性的嗜好のマッチ

意外に感じるかもしれませんが、性的嗜好が合い過ぎるため、顔面偏差値なんぞ二の次と考えているイケメンも確かに存在します。イケメンだってオトコですもの、特異な性的嗜好を持っている例だって珍しくないのです。

性的嗜好はぴったり会うことの方が珍しいもの。イケメンのブス専は、こうして徐々に育まれていっているのかもしれません。

「肉体的相性が合う」程度ではなく、かなりレアな性的嗜好を持っている場合のほうが圧倒的多数。そういえば筆者の女友達に、「ソフト」の領域を遥かに超越した本格的なモノを望むイケメンをどうやって落とすべきか、本気で迷っている独女がおりました。ご参考までに。

◆「ブス専男子」は都市伝説に非ず!

ミステリアスな男性

筆者の知人に、俳優活動をしている男性がおりまして。無名ながらも、「俳優」ですから、そりゃイケメンなのですが。彼の歴代カノジョはみな一様に、顔面偏差値が高くないのです。あなたの周りにも、ブス専男子は生息しているはず!犬を飼う際に、プードルやマルチーズではなく、パグを可愛いと感じる愛犬家だっているのですから、そう考えると腑に落ちますね。

イケメンのブス専男子に共通する特徴としては「タイプの顔が変わっている」、「尽くされるのが好き」などが挙げられるのだそう。周りを見渡してみると、案外多いのかもしれません。

◆俺にアタックしない新鮮な存在

イケメンは、自ら動かずとも、どんどん女性のほうからアプローチを仕掛けてきます。一方でおブス女子は、容姿コンプレックスが理由で自らアタックできないタイプが多いです。イケメンにとっておブス女子は、「イケメンな俺にアプローチしてこないとは、何たる稀有な存在!」と、超・新鮮に映ります。その新鮮さが、やがて恋心へと発展することもあるのです。

そして、先ほども挙げたように、イケメンのブス専は「尽くされるのが好き」な男性が多く見られます。これはイケメンならではの発言でもあり、惚れるより惚れられる側になることが多いからゆえ、尽くしてもらえる確率が高いという事も関係しているでしょう。お互いの需要と供給が一致したかのように、良い関係を築けるのです。

考えてもみたら、私たち女性とて、皆がイケメン好きとは限りません。イケメンが苦手な女性もけっこう多いはず。そう考えると、顔面偏差値が釣り合わないカップルがいても、ちっとも不思議ではないのです。

もしあなたが、自らの顔面偏差値に自信がない自称おブス女子でも、イケメンをゲットする夢を諦めないでくださいね。

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…