好きな人には彼女が! 振り向いてもらうための4つのステップ

「好きになった(アプローチしてきた)人に、彼女がいた! どうしよう? 」このような相談は、筆者のところに相談にくる方の中では珍しくはありません。
そもそも彼女持ちの男性とお付き合いができるのかという問題がありますが、筆者は「相手が結婚していなければ、可能性はゼロではない」と思います。

今回はこれまで5,200件の恋愛・結婚の相談を行ってきた筆者が、“諦めきれない恋を成就させる”4つのコツをご紹介したいと思います。

ステップ1:「付き合っている年数」をチェック

まずは彼と彼女が付き合っている年数ですね。大きく分けると、“付き合って1年未満”か“付き合って2年以上”か。
相手から略奪しやすい年月は“付き合って2年以上”です。

なぜかと言うと、お互いに独身で付き合って2年以上経つと、うまくいっている同士の場合は“結婚の話”が出るからです。
カレはカノジョを“他の男にとられたくない”と思い、カノジョは“カレと一緒にいて身の回りの世話をしながら支えたい”と思います。

そして、特別な事情がない限り、“結婚”という流れになる場合が多いです。
しかし、その流れにならず、ダラダラ付き合っている場合は2人の間に“何か”結婚したいと思えない事情がある場合があります。
ですから、2年以上長く付き合っている独身同士のカップルというのは、“意外と略奪”できてしまうことがあります。
では、彼と彼女が交際2年以上だとして、どのようにしてカレの気持ちを動かすのでしょうか?

ステップ2:最初は「友達」感覚からキッカケを作る

当然ですが、最初から自分の気持ちを伝えたりするのはNG! もともと、男性は“面倒なことが嫌いな生き物”なので、突然彼女からあなたへ関係を乗り換えるのは、彼女に罪悪感とリスクを感じます。

ですから、最初は“恋愛以外の目的”で近づくのがいいでしょう。
仕事でも趣味でもいいので、カレの得意なことや好きなことを「もっと知りたいので教えてください! 」というキッカケを作るのがベスト。

ステップ3:「2人で会う」習慣をつける

会話が弾み仲良くなってきたら、2人で会うのを習慣づけをしましょう。
この段階では“彼の価値観・世界観を引き出す話をする”そして、“共感して褒める”といった流れで、話をしていくのがスムーズです。

この時、カレがカノジョの話をだしてくる可能性もありますが、動揺しないで、普段通りに話しを聞きましょう。
情報収集ですから(笑)。

ステップ4:さりげなく好意を伝える

さて、ただ会っていても“単なる友達”で終わってしまいます。
話が盛り上がっていて、カレからも自発的に連絡が来るようなら、少しは気持ちを伝えてみましょう。
「いいなと思う人は、彼女がいることが多いんですよね……例えば、○○さんとか」
「○○さんに彼女がいなければ、付き合っていたかも……。」
と、遠回しのニュアンスくらいにしておくのがいいです。要するに、自分の意思表示はして、決定権は相手に委ねるのです。

最後に大前提として、相手のことをどんなに想って好きでも思い込み過ぎず、“一人に絞らない”方がいいと筆者は思います。
女性にとって、若さは有限。相手の状況が変わるのを待つだけでは、なかなかうまくいかないのです。
他の人も見つつ、ウインドーショッピングのような気持ちで様子をみて彼に近づくと、案外うまくいくことがあります。

Written by 橘つぐみ


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…