男性が結婚したいと思う女性とそうでない女性の違い

「お付き合いはできるのに、結婚まではいかない……。」そんな悩みを持つ女性もいると思います。

お付き合いまでいくのなら、魅力的な女性であることは確かです。
しかし、残念ながら結婚したいと思えるような魅力はそこまでないのかもしれません。
いったい、男性はどのような女性なら結婚したいと思うのでしょうか。

今回は、男性が結婚したいと思う女性とそうでない女性の違いをご紹介します。

料理・家事能力がある女性かどうか

料理・家事能力が高ければ、毎日の生活がより質の高いものになりますよね。

例えば、節約しつつも美味しいおかずが食卓に並べば毎日の食事が楽しくなりますし、部屋がきちんと掃除されていれば気持ちの良い生活ができるでしょう。

逆に料理・家事能力がないと、家に帰ってもろくな食事がなかったり、ごちゃごちゃとした住みにくい家になったりします。
そんな家には帰りたくないですよね。

料理や家事は生活に密着したことになりますので、結婚して一生一緒に暮らすとなれば、料理や家事ができる女性のほうがいいのです。

精神的な安定を得られる女性かどうか

付き合っている段階では、安定よりも刺激的なお付き合いのほうが魅力的に思うときがあります。
お互いに嫉妬したり恋の駆け引きをしたりするのも楽しいですよね。
でも、結婚となれば話は別。一生を共に過ごすパートナーには、刺激的な生活よりも精神的に安定した穏やかな生活を求めます。

いかにも「恋愛しています! 」という情熱的で刺激のある生活は独身時代だけで十分です。
さらに、それなりに充実した恋愛をしてきた男性なら、独身時代でさえもう嫌気がさしているでしょう。
過剰な嫉妬や恋の駆け引きをしない女性は結婚向きと言えます。

歳相応の振る舞いができる女性かどうか

結婚となれば自分の友達はもちろん、両親や上司にその女性を紹介しますよね。
特に両親は一生のお付き合いになると思うので、特別な事情がない限りは必ず紹介するでしょう。

でも、もしも彼女が歳相応の振る舞いができない女性だとしたらどうでしょうか。「非常識な女性」「いい年して……。」「子どもが産まれても教育できなさそう」と思われてしまうかも……。

歳相応の振る舞いができないと、悪い印象を与えてしまいます。
誰に紹介しても恥ずかしくない女性でいるためにも、歳相応のファッション、マナーを身に付けておきたいですね。

物事を割り切れる女性かどうか

生活をしていくなら物事を割り切ることも大切です。

例えば男性がリストラされてしまったとき。
そのことを割り切ることができず、いつまでもブツブツ文句を言う女性がいたらどうでしょうか。
そんな女性がいたら、うんざりしてしまいますよね。いつまでも物事を引きずる傾向があるでしょう。

生きている間で割り切らなければいけないことはたくさんあります。
それがスパっとできる潔い女性なら、男性にとって頼りがいのある女性となるでしょう。
支えあって生きていくうえでは重要なスキルです。

「長い人生、こういうこともあるよね」と思える、広い心をもつ女性がいいですね。

最後に

「いつかは結婚したい」と考えるのなら、「結婚したいと思える女性」になることが大切です。

お付き合いができたからといって油断はできません。
結婚前提のお付き合いならまだしも、もしもそうではないなら、一度自分を見直してみましょう。

「私なら私と結婚したいと思うだろうか? 」と考えれば、自分の改善点がわかるかもしれません。

結婚したいと思ってもらえる女性になるためにも、頑張っていきたいですね。

written by 神之れい


この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…