幸せになれないのには理由あり!理想の相手を引き寄せる、自己肯定感の高め方

みなさん突然ですが「自己肯定感」という言葉をご存知ですか。自己肯定感とは、読んで字のごとく「自己を肯定する(認める)力や感覚」のことです。

あまり意識したことが無い方も多いかもしれませんが、実はこの自己肯定感が低いと恋愛において、彼から酷いことをされているのに気づけない、本当に自分にふさわしいと思い込んで付き合っていた人が、実は全然幸せになれる相手じゃなかったなど、想像するだけで恐ろしい現象を引き起こしてしまうのです。

では、アナタの自己肯定感は低いのか、まずはそこから考えてみましょう。

日本人の自己肯定感は、実は相対的に低かった…

早速3つ質問です。あなたは下記の質問にいくつ当てはまる項目がありますか

・ 他人の意見に左右されやすい
・ ほめられるとつい否定してしまうことがある
・ 出来たことよりも、出来なかったことを反省しがち

さて、いくつ当てはまったでしょうか。3つ全部! という方もいると思いますが、ここで興味深いデータを1つご紹介したいと思います。

文部科学省が高校生の心身の健康や学習、学校生活について発表したデータによると「私は価値のある人間だと思う」という質問に対して、全くそう思う&そう思うと答えた人の割合は、米国89.1%、中国87.7%、韓国75.1%、しかし日本は……なんと36.1%なんです! なんて低い!

つまり、日本人は相対的に自己評価や自己肯定感が低い国民ということがわかると思います。

先ほどの質問に全て当てはまるというアナタもご安心ください、これは謙虚が美徳と言われる私たちの、ある種の国民性なのです。

自己肯定感を今日から1歩づつ高める2つの方法

国民性とはいえ、そんな幸せを遠ざける悪しきモノは乗り越えていきたいですよね。ではそんな自己肯定感を高めるための方法を2つご紹介します。

自分の発言や思考の癖に注意を払い、変えていく
自己肯定感を高めるためには、褒められることや、認められる経験を沢山する必要があります。ですが、他人にそれを求めるのは難しい話。なので、自分で自分を褒める事を習慣にしましょう。なにも超ポジティブ人間になるのではありません。

先ほどの質問にもあったように、他人から褒められるシーンがあったら否定せず受け取る。また何か落ち込む事があって、実際激しく凹んでしまっても、最後はかならずポジティブな言葉や思考で締めくくるなど、自分でルールを定めて感情をコントロールするよう心がけましょう。

うれしい事はオーバーに受け止める習慣を持つ
人はポジティブなことよりもネガティブな事に反応しやすいというのが、実は科学的に証明されています。つまり何気なく毎日リアクションを取っていることでも、私たちの無意識にはうれしいことよりも悲しい事や、辛い事の方が鮮明に記憶されているのです。

これを踏まえると、うれしい事は通常の2割増で受け取ってリアクションしていく事が、自己肯定感を高めるにはプラスなのがわかると思います。

自己肯定感はなぜ低くなるのか、その理由には親の影響が強いと言われています。ですが、今低いものはしょーがない!!! 低いから嘆くのではなく、ぜひそこから1歩でも前向きに進化して、自分の幸せや理想のパートナーを引き寄せていいただければと思います。

【参考】
文部科学省 高校生を取り巻く状況について
http://bit.ly/1aIQ54G

おおしま りえの他の記事を読む