付き合って3ヵ月で別れるのは、○○が原因!?

好きな人と恋人同士になりたての時って、1番楽しいですよね?
お互いに「好き」とわかって、テンションも高くなりますし、ただ一緒にいるだけで満足できます。

けれど、「付き合って3ヵ月」というのは、実は本当に付き合い続けていけるかどうか、を見極める境界線だったりします。
このあたりで、ノリや勢いだけで交際を決めたカップルは、「なんか違うかも? 」と気づき始めるのです。

また、3ヵ月目にイヤなムードが漂い始める場合、恋人関係が続けられない原因はいくつか限定されます。
付き合ってもすぐに別れるカップルには、決まったパターンがあるんですね。

それほど好きじゃないと気づく

ノリや勢いで交際を決めて、自分と相手の性格や価値観があまり合わないという場合、3ヵ月も一緒にいれば違和感を覚えるようになります。デートをしていても、食事の好みが違う、遊びに出かける先が決まらないなど、あきらかに「うまくいかない部分」が見えてくるでしょう。

また、そうなると、交際そのものが重荷に感じたり、窮屈感を覚えたりして、恋人関係を続けていく気持ちが薄れていきます。
「付き合ってみたけれど、実はそんなに好きじゃなかったのかも」なんて感じて、早々にお別れするのがお互いのためだと思うのでしょう。

どうしても許せない部分を見つける

たとえば……外見も性格も完璧という彼には、貧乏ゆすりをするという悪癖があり、彼女は貧乏ゆすりがどうしても受け入れられなくて愛が冷める……というケースがあります。
「彼のギャンブル好きが許せなくて、別れた」とか、「いい人なんだけど、彼がマザコンで無理だと思った」などという話はいくつも聞いたことがありますし、付き合って3ヵ月目くらいで、相手の中身や行動パターン、癖などが大体見えてくるものです。

生理的に受け付けられない、というものが見えた時点で、どんなイケメンでも高収入男性でも、「絶対にムリ! 」と思えてしまうでしょう。コレさえなければ付き合えるんだけど、と口惜しく思いながら別れを決意する女性も少なくないと思います。

気を許しすぎる

交際当初は、好きな人に嫌われたくないと無意識のうちに格好つけたり、遠慮したりするものですが、3ヵ月もすぎれば気が緩んできます。ある程度言いたいことも言えるようになり、お互いに甘えや依存も出始める頃です。

そのため、「このくらい言っても許されるだろう」という甘えが、ワガママとして受け止められ、愛が冷める原因になってしまうのです。
多少カチンと来ても、好きな人の言うことだからと受け入れるのは、初めのうちだけ。「ちょっと、アンタ何様のつもり? 」「もういい加減にしてよ」なんて愛想を尽かすのが、大体付き合って3ヵ月目だといえます。

ムリして付き合い続ければ良いというわけでもない

交際3ヵ月目を越えれば、ほとんどのカップルがその後も仲良くしていけるようですが、付き合い続けることが正義というわけでもありません。好きという気持ちが冷めたなら、ムリして一緒にいる必要はないですし、早々に別れを決断するのがお互いのためです。

ただ、交際3ヵ月目は、恋人に対する「慣れ」が出てきて、乗り越えるべき倦怠期を迎えることもあります。
なんだかうまくいかない部分はあっても、それを克服していったほうがいいのか、違和感がそもそも克服する意味もないものなのかを、正しく見極めることが大事でしょう。

Written by 岡崎咲


この記事どうだった?

3いいね!

3うーん…