先が見えない恋を続けているあなたへ。

彼氏が既婚者だったり、浮気がちな男性であっても、
「いきなり1人になりたくないし、とりあえず結婚できる人が現れない限りは彼と別れられない」そんな恋を続けていませんか?
でもダラダラと付き合っているうちは、新風は吹きません。

1度価値観の転換を図ってみましょ。

30代半ばになると、いつしか連絡を取る友人は、会社帰りに一緒に飲みに行ってくれたり、お休みを合わせて旅行に行ってくれる同世代の独身女性が多くなっていませんか?
同じような意見を持っているし、ライフスタイルも似ているから誘いやすいのはごもっとも! でも今月は……。

学生時代からの仲良しで、今は「既婚者となった女性達」だけをランチに誘ってみましょ。

すると「子供預かってもらえないと思うから連れて行っても大丈夫? 」との連絡がきたり、実際に会って話していても、旦那の愚痴や子供のお受験対策の話など、あまり興味のない話が飛びかいます。
「そろそろ幼稚園のお迎え行かなきゃ」「旦那が帰ってきたらしい、先行くね」なんて言って次々に帰る準備を始める友人たち。

これを見て結婚したくなると思います? 自由に時間が使える独身でよかったと安心するかもしれません。でも言葉の端々に出る家族の話に、「彼女達は結婚・家族に守られている」という現実も感じることになるのです。

「私このままで大丈夫かな…。」と不安を感じたら、それは辛い恋とお別れを始める時かもしれません。

今お付き合いしている彼が既婚者だとして、あなたとの結婚に踏み切ってくれるのは何年後かしら。
ようやく彼の離婚が決まったと思ったら、まさかまさかの21歳女子大生に取られた! なんてことになったら悔しすぎます。

彼が独身でも全然結婚する気がないのなら、プロポーズを待っている間に、どれだけ年齢を重ねれば良いのでしょう。

ましてや、彼はたまに暴力を振るうけど、やっぱり私だけを愛してくれるし、離れられない。
なんて恋ならば、結婚してからもその暴力は続いてしまうかもしれません。

先の見えない恋愛の手放し方

2lgf01a201412221700_R

恋愛していないと人間は生きていられない。そんなことはありません。
別れられない自分をダメな女だと思う必要もありません。
彼に執着している自分と向き合って、魔法の言葉を言ってみましょう。

「限りある時間を彼の為ではなく、自分の為に使う」

ここから始めてみましょう。
週末彼は私以外の女の子と会ってるんじゃないかしら、という心配をする余裕があるならば、週末に行きたかったエステを予約しておこうとか、週末に何かお金を稼ぐ方法はないかしら、と彼に依存しない生活を始めることが、辛い恋愛の断捨離の第一歩。
あとは、あまり頻繁に連絡を取らずに、距離を取って、お別れの準備をしていきましょう。
焦って「今日中に彼に電話して言ってみる! 」と早まらない事が重要ですよ。

Written by 小泉恵未


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…