失敗したくない社内恋愛! 彼は脈アリ? それとも私の勘違い? を見極める方法

社会人になれば、出会いのきっかけは「仕事絡み」が圧倒的に多くなります。
忙しい業界や、カレンダーの青や赤の日にお休みが取れない仕事に就く人は、特に社内恋愛が多いんじゃないでしょうか。
けれど、職場での恋にいい顔をしない上司がいたり、失恋をすると日々の業務に大きな影響があったりするので、仕事で関わる男性を彼氏にするのはそれなりのリスクがあります。気軽にくっついたり離れたりができないために、誰もが慎重になるはずです。

特に、「たぶん両思いだと思うんだけど……自分だけがその気になっていて、実は勘違いをしているだけでは? 」という状況では、どう振る舞うべきかが悩みどころ。
もし両思いではない場合、こっそり恥ずかしい思いをするだけならいいですが、男性に勘違いしていたことがバレると、「公私混同して、仕事しにくい相手」と見られるかもしれません。職場で不利な立場を取る可能性だってあるのです。

気になる彼と仲は良いんだけど、本心がハッキリわからない時、失敗なく職場恋愛を進めるコツを考えたいと思います。

まず、好感を持ってもらう!

「好き」と思っても、同じ職場に勤める男性には安易にアピールしてはいけません。
異性として意識してもらうアプローチではなく、人として、同じ社会人として、「いいな」と思ってもらうことが大事です。

なぜなら、普通の感覚を持つ男性なら、職場では一番に仕事を優先するからです。
女性として素敵だと感じても、まるで仕事ができなかったり、業務そっちのけで恋愛を重視したりするとわかれば、気持ちがすぐに冷めてしまいます。
女性として素敵、プラス、社会人としても好感が持てるということが、社内恋愛において彼女候補に見てもらう条件になるでしょう。

好きなら、男性はアクションを起こす!

好きな同僚との距離を縮めたいと思っても、自分からアプローチをするのはガマン! 特に、何となくでも両思いを期待するような状況では、男性が動き出すのを待った方が良さそうです。

その理由は、両思いだということが本当なら、男性は必ずアクションを起こすはずだから。
男性が草食系か肉食系かで、起こすアクションの内容は違ってくるでしょうが、何かしらアプローチしてくるでしょう。

もし、両思いが残念ながら勘違いだった場合、業務上のおしゃべりや、ほかにも同僚を交えての飲み会はあっても、男女の仲を深めるような直接的な行動はないといえます。
見極める境界線は微妙かもしれませんが、「やっぱり同僚でしかない」という結論が出るに違いありません。

彼の行動を冷静に見極められないとき

冷静に考えれば「脈ナシ」なのに、諦めきれなくて何でもない言動に期待してしまうことがあります。
そういうときは、毎日あるいは顔を合わせた時の、彼の行動を書き残していくと良いでしょう。

ポイントは、私情を交えず淡々と記録し続けること。
目が合ったときにどんな表情を浮かべたか、自分と話すときはどんな姿勢を取っていたか、飲み会などで自分とどのくらいの距離に座ったかなど、「行動のみ」を書き記していきます。
また、このときに「彼が自分に何を言ったか」は書きません。メール・LINEなどの内容も書きません。

やり取りする言葉については、自分に都合良く捉えることが多々あるので、冷静に見極める手掛かりにはならないのです。
「行動のみ」を淡々と書き続けていくと、本当に脈アリなのか、ナシなのかが段々と見えてくるはずです。
過剰に期待して、一人だけ勘違いすることもなくなるでしょう。

Written by 岡崎咲

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

3うーん…