結婚したら苦労する可能性が高い!? 男性の特徴4つ

アラサーになって恋人ができると、結婚を意識して付き合う女性が圧倒的に多いと思います。
それこそ相手の経済状況、仕事はもちろん、相手の性格、価値観は外せないポイントですよね。

そうした見方から難がないと思える相手も、実は結婚後苦労してしまう可能性はゼロではないかもしれません。

今回はそんな結婚したら苦労する可能性の高い、ちょっと意外な男性の特徴をご紹介します。

イケメンである

男性のルックスがよくて、異性の友達が多いモテるタイプの男性はちょっと要注意です。
というのも、男性がまだ遊び足りない場合、結婚後でも他の女性になびいてしまうリスクが高いからです。

男性の愛情が確かなら何ら問題はありませんが、女性の愛情の方が強い場合はちょっと用心が必要かもしれません。
それこそケンカをきっかけに、「やっぱり相性が良くないのかも……。」と感じ、男性がモテる分、他の女性に興味が行ってしまうかも。

男性が浮気経験者の場合、その浮気癖は残念ながら結婚後も直りにくいでしょう。
1度浮気をした男性は、もう1度浮気をするのがセオリーだからです。
もし、どうしても彼との結婚を諦められない場合は、彼のこうした一面をあなたがどう捉えられるかがカギになってきそうです。

束縛が強い

束縛が強い男性は、結婚生活に息が詰まってしまうかもしれません。
付き合っている相手を独占したい気持ちは誰しもがあるもの。
でも、それを強要すればするほど、相手はあなたとの付き合いがしんどくなってしまいます。

結婚後、時間の許す限り友達と遊んだり、たまにはひとり羽を伸ばしたりするには、相手の協力なくしては成り立たないことです。
そう考えると、例えば彼が女友達と遊ぶことすら快く思わなかったり、LINEの返信を急かすように強要することが多いなら、結婚後、相手の都合に振り回されてしまう可能性が高いかも。

できるだけ夫婦の時間、家族の時間、そして自分の時間を上手に確保できる結婚生活を送りたいですよね。彼の友好関係、趣味等をチェックしながら、彼の束縛の強さをそれとなく観察してみて。

ネガティブ思考が目立つ

結婚生活は一生に及びます。それこそ家族が病気にかかってしまったり、仕事の失敗でストレスを抱えてしまったりといった可能性も、十分あることです。

こうしたトラブル時、どちらか一方が相手を励ますばかりでは、励ます相手の負担が大きくなってしまいます。
夫婦はふたりで協力して成り立つもの。言ってしまえば、「●●と一緒なら大丈夫! 」と思える相手と結婚しなければ、結婚後のトラブルは乗り越えることが難しいかもしれません。

交際中、相手の決まったネガティブ思考に手を焼いてしまうことが多いかどうか。
はたまたそれを許せる相手かどうか、注意してみて。
結婚生活を前向きに考えられる相手と結婚した方が、幸せになれる可能性は高いでしょう。

子どもっぽい男性

自立心が低い男性は結婚後、苦労しそうです。それこそ親の意見がなければ自分で決められない。
子供のように無邪気だけど、ひとりの大人として責任が取れないなど。

女性側が姉さん女房として引っ張っていけるタイプなら、結婚後も上手くいく可能性は高いかもしれません。
ですが、リードしてもらいたいと思っている女性の場合、彼との関係をしっかりと考えなければ、結婚後あなたに負担がかかり、後悔してしまうリスクが高そうです。

おわりに

結婚はふたりの一生を左右する問題です。良かれと思っている相手も、ちょっと冷静に見極める余裕を持ちながら、彼との結婚をより現実的に考えていけるといいですよね。

Written by 柚木深つばさ


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…