男性がガッカリする! アラサー女子が使ってはいけない言葉4選

30代の女性には、20代にはない知的さや人生経験など大人の魅力があります。
それなのに、その大人の魅力を無駄にしてしまっていませんか?
今回は、男性がガッカリする30代女性の言葉使いにスポットを当てていきます! あなたの言葉使いは、いかがでしょうか?

「マジ」

そもそもマジという言葉自体がやや死後になっていますね。
若い子を中心に口癖にもなっていた言葉ですが、30代の女性が使うと男性は本当にガッカリします。
とくに、何かにつけて「マジ!? 」と反応したり、「マジかぁ」と相槌を打つのはNG! それを聞いている男性からしてみれば「もう、いい大人なのだから……」と、もはやドン引きレベルです。
30代の女性なら、「マジ」は使わず「本当? 」「すごく」など上品な切り返しに変更していきましょう。
「マジは20代前半の若者の言葉」と認識しておくといいかもしれません。

「◯◯じゃね? 」

サバサバ系の女性は、使う機会もあるかもしれません。
しかし「◯◯じゃね? 」は、もはやガッカリを通り越して下品そのもの。
男性にしてみれば、30代の女性の口からは聞きたくない言葉なのです。
自分は「それ、◯◯◯じゃね? 」と気さくに話したつもりでも、一瞬で幻滅されてしまう可能性も。
親しい仲になると、口調もラフになってきてしまいますが、男性の前では口が裂けても言わないほうがいいでしょう。

「ヤバイ」

ヤバイは一言で様々な意味を伝えられる便利な言葉です。
しかし、その結果、逆にボキャブラリーの少なさをアピールしてしまっています。
美味しいとき、おもしろいとき、嬉しいときなどに「ヤバイ! 」とひとくくりにしてしまいがちですが、30代の女性がそれではガッカリでしかありません。
「ヤバイ」と一言で済まさず、何がおもしろいのか、楽しいのか具体的に伝えていくのが大人というもの。
それでこそ、男性が若さウリの20代よりも、知的で大人の30代女性に魅力を感じる理由なのです! とくに、「ヤバイ」を多用すると大人の男性をガッカリさせてしまうのでご注意を。

「ウケる」

30代の女性になったら、もうウケている場合ではありません! きちんと「おもしろい」と上品な言葉に変えていかなくては、本当にガッカリされてしまいます。
悪い言い方をすれば「ウケる」というだけで、なんとなくバカっぽい印象を与えてしまうのです。
「この人、30代なのにちょっと子どもっぽいな」と、マイナスイメージを与えてしまいます。
もしくは「もう少し大人の女性かと思っていた」とガッカリされてしまうでしょう。
たとえ、合いの手だとしても「ウケる」だけは、なるべく使わないようにしてくださいね!

まとめ

若い頃は不自然がなくても、30代の女性には使って欲しくない言葉使いはたくさんあります。
今回紹介したのは、その中でも誰もが使ってしまいそうな言葉です。
30代の女性になったのなら、若者言葉は卒業して、ぜひとも上品な大人の言葉使いを身につけていきましょう! 男性をガッカリさせないためにも、言葉使いには要注意してくださいね。

Written by h103


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…