可愛くなると思ってやってみたけど、失敗したモテテクとは

好きな人を目の前にすると、やっぱり“可愛い女”を演じてしまうもの。
言葉遣いやちょっとした仕草など、カレの視線を意識してしまいますよね。

でも、あなたがイイと思ってしたことが、裏目に出てしまうことも……!

そこで今回は、20~30代独身男性たちに「ぶっちゃけ『ないわぁ~』と思った勘違いモテテク」を大暴露してもらいましたよ。

1:甘え口調

「高くて小さくて、可愛い声だなと思っていたら、電話に出た瞬間ガラッと変わってビックリ! やっぱり演技だったんだ……とガッカリした」(29歳・メーカー)

気になる異性を目の前にすると、声のトーンが高くなったり、話すテンポがゆっくりになる傾向がある方は要注意! 男性に「あざといな」と思われている可能性がありますよ。多少の変化はあって当然ですが、あまり作りすぎると後でボロが出るのでご注意を……。

2:一人称が「名前」

「自分のことを名前で呼んだり、『あーちゃん』とか幼稚な呼び方をする女性がいるけど、まったく可愛くない! バカっぽくて痛いだけだから、やめた方がいいよ」(28歳・金融)

いい歳になっても、自分のことを名前やあだ名で呼んでいると、「バカっぽい」「幼稚すぎる」と男性から敬遠されてしまいますよ。どんなに深い関係になっても、ぶりっ子のしすぎは振られる傾向に……。カレの前でも自然体でいるように心がけて!

3:上目遣い

「身長差がないと、上目遣いされても怖いだけ……。可愛い女を演じようと必死な感じが伝わってくると、一気に気持ちが冷める」(30歳・公務員)

上目遣いで見つめられると、どんな男性もイチコロ……だと思ったら大間違い! 一歩間違えると、男性に「狙いすぎ」「あざとすぎる」とドン引きされる可能性があります。定番のモテテクではありますが、ある程度身長差がないとかわいく見えないので気を付けて!

4:酔ったフリ

「お酒を飲むとベタベタ甘ったれてくる女性は、ワンナイトラブにはぴったりだけど、本命彼女にはしたくない。だって男慣れした尻軽オンナってことでしょ?」(31歳・医療)

経験豊富なモテる男性には、酔ったフリなど通用しません。ただの“軽い女”だと思われて、遊ばれるのがオチですよ。誰にでもボディタッチをしたり、馴れ馴れしく甘えるのは絶対ダメ。本命彼女になるには、なかなか落ちない女だと印象付けるのがポイントですよ。

5:カマトトぶる

「下ネタにノリノリで返されるのも困るけど、『私そういうの無理なんで』ときっぱりお断りされるのもね。そんな純粋な女なら、初めから出会いの場に来なければいいのに」(29歳・デザイナー)

“純粋でかわいい女の子”だと思われたいからといって、妙にカマトトぶるのは逆効果! 男性から「どういうつもりなの? 」「男嫌いなら来なきゃいいのに」なんて厳しい意見が聞こえてきましたよ。ノリノリで下ネタに応じる必要はありませんが、拒否しすぎると相手の怒りを買うこともあるので要注意ですよ。

おわりに

いかがでしたか? 「可愛い」と思われるどころか、実は男性から不評のモテ技がズラリ……。
あなたも一歩間違えるとステキな恋を逃してしまう可能性があるので、十分ご注意くださいね。

(取材協力)
・20~30代独身男性

written by mook


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…