【苦しい恋を忘れるために…! 】して良いこと、悪いこと

「恋を忘れたい」と思ったとき、あなたは何をするでしょうか。
恋を忘れるためにそれぞれ色んなことをするかと思いますが、間違ったやり方をすると余計に忘れられなくなることも……。

今回は、苦しい恋を忘れるためにして良いこと、悪いことをご紹介します。

良いこと1:好きな人の画像・LINEトークや連絡先を削除

好きな人の画像やLINEトークを何度も読み返してしまう人もいるでしょう。過去の思い出に浸って涙を流す人も多いです。
また、好きな人の連絡先を眺めては「連絡したい」という気持ちにかられることも。

これらの行為は自分自身を苦しめ、いつまでも未練を残してしまう行為です。
勇気を出して、サクッと削除してしまいましょう。
できればブロックや着信拒否をしてから削除するといいですね。
「彼から連絡がくるかも」という淡い期待も消し去れます。

良いこと2:趣味や仕事の時間を増やす

趣味をもっているのなら、その趣味に費やす時間を増やしてみてはいかがでしょうか。
カフェ巡りが好きなら少し遠方のカフェへ行ってみる、読書が趣味なら読む量を増やすなど。

楽しいことをする時間を増やせば心が充実した気持ちで満たされます。それらは失恋の傷を癒すことにも有効ですよ。
もしも趣味がないのなら、仕事を頑張ってみてください。
ここぞとばかりに頑張れば、職場であなたの努力が認められて、昇給・出世へと繋がるかも。

良いこと3:失恋と向き合い思いきり泣く

別れた原因はなんだったのか、自分のどこが悪かったのか、失恋してなぜ悲しいのか……。
失恋と向き合うことは怖いことですが、目を背けてばかりではモヤモヤした気持ちが収まらないときも。

それなら、きちんと失恋と向き合い思いきり泣いてしまいましょう。
悲しみを受けいれて自分の中で消化することで、「これは過去のことだ」と吹っ切れるきっかけとなります。
ときには感情をさらけ出すことも大切ですよ。

悪いこと1:好きな人と連絡を取り続ける

仕事の都合で連絡を取らなければならないのなら別ですが、連絡を取る必要が無いのに連絡を取り続けることはいけません。

これをしてしまうと、「もしかしたらまだチャンスがあるかも」と余計な期待をしてしまいます。
ずるずると気持ちを引きずることになってしまい、苦しむ期間が長引くでしょう。

自分が連絡しなくても好きな人から連絡がくる場合は、思いきって無視したりブロック・着信拒否をしたりしてしまいましょう。
「あなたと連絡をとるのは辛いから」と説明できるなら、説明してから縁を切るといいですね。
一方的に縁切りすると相手はびっくりしてしまいます。

悪いこと2:SNSで失恋を報告

失恋した辛い気持ちをSNSで吐き出す人もいます。吐き出す行為自体はいいのですが、SNSということが問題。

誰もが見られるSNSで失恋の報告をされても、「どう反応していいかわからない」と思いスルーする人も多いでしょう。
ポエムのような書き方ならなおさらです。
そうなると、心の中に孤独感が広がってしまいます。ただでさえ失恋して悲しいのに、これでは傷を深めるだけです。

悪いこと3:暴飲暴食・やけ酒

美味しいものを食べればストレス発散になりますし、飲み会に参加すれば楽しい気持ちでいっぱいになるかもしれません。

適切な量ならなんの問題もありませんが、暴飲暴食や飲み過ぎ・やけ酒はNGです。
体調を崩したり周囲に迷惑をかけたりするかもしれません。そうなれば必ず後悔するため、気をつけましょう。

最後に

失恋の痛みを乗り越えるのは簡単ではありません。それでも、いつかは乗り越えられるものです。

失恋の傷を悪化させたり引きずったりするような行為は避けて、早めに失恋を乗り越えましょう。
そうすれば、新しい素敵な恋に出会えますよ。

written by 神之れい


この記事どうだった?

18いいね!

11うーん…