【デートで使える!恋愛テクニック】~食事編~

デートで必ずといっていいほど、訪れるのがお食事どころ。食事はもはや、デートでは欠かせない必須のスポットとなっています。
そんな食事デート、あなたはどう過ごしていますか?

今回は、食事デートで使えるプチテクニックを5つご紹介していきます! 彼をいい気分にさせちゃう簡単テクニックを覚えちゃいましょう。

1:食べているときは喋らない、話しかけない

これは、恋愛テクニックだけでなくマナーにも関係してきます。
彼と話すことに必死で、自分が食べているときに話しをしたり、彼が食べているときに話しかけるのはNG。
自分が食べているときは、口の中が見えて下品ですしモゴモゴして何をいっているかわからなくなります。
また、彼が食べているときは食事を中断させてしまうので失礼になってしまいますよ。
食事デートでは、彼が食事に手をつけたら自分も食べるようにしましょう。食事中の会話は空気をよむのが大切です!

2:彼が話しているときはご飯を食べない

彼が話しをしているときは、あなたも手を休めてください。その方が、話を聞いている姿勢をアピールできます。
もちろん、目をみて話に相槌を打つのもお忘れなく。会話中に相手が食べていると「話に興味がないのか」と彼をガッカリさせてしまいかねません。結果、食事デートで不快感を与えてしまいます。先ほどのテクニックにも繋がりますが、食事デートでは彼と同じ動作をとる方が、良い印象を与えられますよ。

3:食事の最後にお化粧直しに立つ

食事の最後にお化粧直しに立つのも、彼への配慮のひとつ。
実は、この動作は彼にスムーズにお会計をさせてあげるための時間なのです。
あなたがお化粧直しに立っている間に、だいたいの男性はお会計を済ませるでしょう。
そうすれば「さあ、出ようか、お会計は済んでいるよ。」と彼に花をもたせることができます。
この動作は、男性に食事デートを成功させ満足感を与えられるテクニックなのです。
最後に「え、気がつかなかった。ありがとう。◯◯くん、紳士だね! 」と彼を立てれば、彼も気分良く食事デートを終えられるでしょう。

4:会計時は財布を出すそぶり

食事デートで男性がイライラするのが、会計時の女性の態度です。食事デートなら女性が奢られるのが一般的なパターン。
しかし、それを分かっていても態度に出すのはNGなのです! 彼が先にお会計に行ってしまったら「私も出すよ」と財布を出すそぶりくらいはしてください。または、支払いをしようとしている姿勢をとりましょう。
また、年配の男性の場合、その動作をすると恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれないので空気を読んで対応してくださいね。

5:奢ってもらったらお礼のプレゼントを

食事を奢ってもらったら、他の場面でお返しするのが効果的です。どこか立ち寄った店でクッキーやハンカチを買うなどして、デートの最後にプレゼントしてみてください。または、プレゼントという形で飲み物や軽食をおごるのもいいでしょう。
このテクニックは、彼に”気遣いのできるいい女”という印象を与えられます。さらに、渡すときに「今日は奢ってくれてありがとう。次は私に奢らせて、美味しいお店があるの! 」と付け加えれば、スムーズに次のデートにも繋げられちゃいます。
プレゼントまでもらったら断れる男性はそうそういないはずです!

まとめ

最後に、忘れてはいけないのは食事後の感謝の気持ちです。
奢ってもらったら「ありがとう」、予約をしてくれたら「ありがとう」と感謝を言葉にしてください。
また、立ち寄ったレストランを褒めることもお忘れなく! ぜひ、今回紹介したテクニックを参考に彼との食事デートを楽しんでくださいね。

Written by h103


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…