【デートで使える!恋愛テクニック】~帰宅後編~

「デートがうまくいった! 」と安心するのは、まだ早いかも知れません。
実は、本当の意味でのデートは別れるまでではなく帰宅後まで続いています! 今回は、そんなデートの帰宅後に使える3つの恋愛テクニックを伝授していきますよ。普通の行動より手を加えたテクニックで、ちょっと得してみませんか?

1:お礼の連絡は時間を置いてからがベスト

連絡は早めの方が礼儀正しいと思われがちですが、デート後は遅めの連絡が効果的です! 連絡をおそくすると、相手に「連絡がないな」と自分のことを考えさせ、さらに「もしかしたらデートつまらなかったかな? 」と不安にさせられます。
その不安がドキドキ感に変わり、必要以上にあなたを気にするはず。彼から先に連絡があれば、すぐに「本当に楽しかった! 」と感謝の気持ちを伝えてください。
もし、しばらく連絡がないようなら、自宅に着いてから「今自宅に着いたよ。今日はありがとう! 」と帰宅連絡とともに連絡すればOKです。ようやく、お礼の連絡がもらえ彼も安心して通常よりテンションが上がるでしょう。
これぞ、小悪魔的テクニックなのです!

2:盛り上がっているうちに、すかさず次のデートの予定を約束

早いうちに、次のデートの予約を約束させてしまいましょう。
デート終わりの盛り上がっているときこそ、スムーズに次回の予定が組めてしまいますよ。
約束といっても、きちんと日程を決める必要はありません。
この恋愛テクニックを使うなら、とにかく”約束”を作ってしまえばいいのです。
お礼のメールの流れで「今度、◯◯くんの話していたお店連れて行ってね」「次は私に奢らせて! 」など次に会わなければならない約束をしましょう。そうすれば、後日でも「この前の話だけど……。」とデートに誘いやすくなりますよ! さらに、お礼の連絡時に休みの予定を聞いておけばデートの日にちも選びやすくなります。「次のデートはまた今度きめればいいや」と後回しにせず、早めの行動こそが後々いい結果をもたらしてくれるのです。

3:最後の返事は次の日に繰り越して、連絡を長続き

最後はデート後、盛り上がった気持ちをそのまま次の日に持ち越し、連絡を長く続けるテクニックをご紹介します。
前日、お礼の連絡で何度かやり取りした後、もう連絡が終わりそうなったら早めに返信をしないようにしましょう。
そうすれば次の日「ごめん、昨日は寝ちゃった。今日は仕事? 」など彼と長く連絡を続けるきっかけを作れます。
その後もすぐに返信しなければ、1日中なんとなく連絡が続けられるはずです。
また、ひとつめのテクニックを応用して彼からのお礼の連絡に返信を返さないという手段もあります。
そうすれば、彼のドキドキ感が増しあなたのことを考えずにはいられなくなるでしょう。
しかし、相手によって効果が裏目にでる場合もあるのでご注意を。たとえば、礼儀に厳しい、神経質そうなタイプの男性には、早めの連絡をおすすめします!

まとめ

帰宅後まで気をぬかないのが、次のデートへの命運をわけます。
いつもよりちょっと手を加えてみると、彼の反応も違うかもしれません。
さらに、この恋愛テクニックを使えば次のデートや2人の今後の進展にもプラスになる状況がやってくるはず! デートは帰宅後も続いていることをお忘れなく!

Written by h103


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…