夏こそ【冷え】に気をつけよう!

今年の夏は異常に暑いですね。でも暑ければ暑いほど冷えにも気をつけましょう。
冷えは美肌、ダイエット、健康全てに取って大敵です。おすすめの冷え対策をご紹介します。

■冷えの原因はこれ

こんなに暑いのに冷えるなんてことあるの?あるのです。知らず知らずに身体を冷やす原因は以下の通りです。

・ 体内に毒素が溜まっている
・ ストレス
・ 運動不足
・ 湯船に浸からないでシャワーのみで済ませている
・ エアコンの効いた所に1日中いる事が多い
・ 睡眠不足
・ 冷たい物をよく食べたり飲んだりする

■冷えたら損!こんな症状が出ます

自覚症状があまり無い事が冷えの怖い所です。身体が冷えると様々な悪影響を及ぼします。

例えば内蔵が冷えることによって機能低下を起こしたり代謝が落ちダイエットしにくくなる、
肩こりや腰痛、自律神経機能低下などなど悪い事ばかり。
夏は暑いので湯船に浸からない、冷たい物を食べたり飲んだりする機会が増える、
暑くて運動をする気にならない、などと冷え性になりやすい季節なのです。

そして冷えは女性特有の物と思われがちですが、男性でも冷えている方がいますので男性も油断できません。

■冷えを防ぐにはこれ!

冷えないようにするには普段のケアが大切です。
特別難しいことは必要ありませんが小さいことの積み重ねが大事です。

・ 3つの首を温める!
 首、手首、足首この3つの首を温める事がポイント。
 特に首は大事なのでスカーフやストールで常にケアしましょう。

・ 下半身を温める!
 足は心臓から遠いため血流の量が少なく冷えやすくなります。
 エアコンの効いた部屋では特に足元を冷やさないようにしましょう。

・ 冷たいものを摂りすぎない!
 ついつい飲みたくなる冷たいもの。これをぐっと我慢してハーブティーやミネラルウォーターなど
 常温で飲むようにして身体の中からの冷えを防ぎましょう。
 おすすめのハーブティーはジンジャー、ローズマリー、シナモン、レモングラスなどです。

・ 湯船に浸かる!
 シャワーだけをやめて出来るだけ湯船に浸かりましょう。
 バスソルトや入浴剤を入れると更におすすめです。

・ 身体を冷やす物を食べない!
 夏野菜や南国で取れた果物や野菜は身体を冷やします。
 適量はいいですがそれだけを食べるのは避けましょう。
 夏野菜の代表的なものはキュウリ、トマト、なす、ピーマン、カボチャなどなどです。

・ 運動をしよう!
 筋肉量が増えると代謝がよくなります。
 ダイエットにも効果的なので出来る範囲で行いましょう。
 ウォーキングや家で出来るストレッチ、ヨガなどで十分です。

 

夏こそ冷えに気をつけよう_岩瀬2

 

1年中気になる冷えですが、夏こそ気をつけなければいけない季節です。
冷え性を解消して元気に夏を乗り切りましょう!

岩瀬 玲の他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…