【恋の血液型診断】好きな彼に言えば、必ず喜ぶほめ言葉

「相手をほめる」のは、より良い人間関係を築くのに有効な手段のひとつです。
ただ、ほめられて良い気分になる人と、「どうせお世辞だ」と素直に喜べない人がいるのは事実。
その点は気をつけなくてはなりません。

今回は、どうほめられるとうれしいのかを、彼の血液型別に考察していきます。
気になる彼の深層心理を探り、より良い関係をつくるのに役立ててください。

A型の彼……仕事ぶりをほめられたい

A型の彼は控え目な性格です。ほめられても、「そんなことないよ~」と謙遜するでしょう。でも、内心はとてもうれしいはず。
有能で完璧主義なので、仕事ぶりをほめられると特に弱いのです。
「この資料とてもわかりやすいね」とか、「手際がいいね」などと言われると、すぐご機嫌に! ただ、大勢の人の前でほめられるのは恥ずかしいので、廊下ですれ違った時にこっそり耳うちしてほしいなと思っているはずです。

B型の彼……個性をほめられたい

B型の彼は、個性的で独特な感性を持っています。ですから、才能やセンスをほめられるとうれしいはず。
「すばらしいアイデアだね」「こういう服はあなたしか似合わないよ」などと言われたいのでしょう。
また、B型の彼は個性が強すぎて周囲の人から浮いてしまいがち。
人間関係で悩んでいる時に、「あなたの考えは進んでいるから、普通の人はついていけないんだよ」と、ほめつつ慰められると弱いはずです。

O型の彼……外見をほめられたい

O型の彼は、見た目にこだわります。ダイエットやスポーツに励み、シャープで、メリハリボディを目指しているはず。
ですから、ルックスをほめられるとうれしいと思うでしょう。
「スタイルがいいね」「芸能人の○○みたい」などと言われると、天にも昇る心地に。
自己顕示欲が強いので、こっそりほめられるよりも、大勢の人の前でほめられたいようです。
おだてにのりやすさでは、4つの血液型中NO1。ほめられれば何でもしてくれるでしょう。

AB型の彼……ほめられるのは苦手

AB型の彼は、理性的でクールです。自分のことは自分でよくわかっているので、もしほめられても、手放しで喜んだりしません。
むしろ、心にもないお世辞を言う人だと、不快感を持ちます。また、ほめ言葉の裏には何かたくらみがあるのかもと疑いそう。
彼は、おだてにはのらないタイプです。逆に、厳しいことを正直に言ってくれる人を信頼します。
「もっとこうした方がいい」「そういう態度はよくない」とアドバイスをされると喜ぶでしょう。

おわりに

ほめ方やタイミングを間違うと、逆に相手を怒らせてしまいます。
上記を参考にして、好きな彼に上手に接していくよう心がけてみてくださいね。

written by 紅たき


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…