好きだからこそ既読スルー、その男心とは?

先日、とあるドラマを観ていたら、「試し行動」という言葉が出てきました。
子どもって、両親や保育士さんに対して、わざと怒らせるような行動を起こすことで、自分を受け入れてくれるか否か、試すのだとか。これって、子どもだけでしょうか? もしかしたら、大人の男性にも起こる行動かもしれません……。

大人にも起きる「試し行動」

LINEをスルーしたり、デートを先延ばしにしたり、愛情表現が一切なかったり……。
これらのネガティブな現象は、相手男性が、あなたを試すために起こしているアクションなのでしょう。
「試し行動は子どもだけでしょ? 」と思うかもしれませんが、とんでもない!
男性は、何歳になっても少年のままなのです。
子どもの頃、お母さんを試すべく起こしていたラクガキや散らかし、食べこぼしなどの悪戯を、大人になったいまでもやってみたくなるのでしょう。
もちろん、大人ですから、ラクガキや散らかし、食べこぼしなどのアクションを起こすことはないです。
ラクガキや散らかし、食べこぼしに該当するのが、LINEのスルーだったり、デートの先延ばしだったり、愛情表現一切ナシのそっけない態度なのでしょう。

カレを「子ども」だと思う

一連のネガティブな現象を、試し行動と思えば、恋愛に悩まされることは、だいぶ少なくなるはずです。
一般的には、「カレのお母さんになってはいけませんよ」と言われていますが、お母さんになるというよりも、相手男性を「子ども」だと思えば、気持ちに余裕を持つことができるでしょう。
LINEをスルーされても、「カレはお子ちゃまだから、試し行動でスルーしているのね」と捉える!
なかなか会う時間を作ってくれなくても、「カレはお子ちゃまだから、試し行動でデートを先延ばしにしているのね」と捉える!
愛情表現が一切なくとも、「カレはお子ちゃまだから、試し行動でそっけない素振りをとっているのね」と捉える!
相手を変えることはできませんが、自分の考え方なら、一瞬で変えることができます。
自分を受け入れてくれるか否か、試すためにあまのじゃくな態度をとる相手男性を、可愛いとすら思えてくるでしょう

「試し行動」は女性には不向き

ここまで読んで、「だったら、むしろ自分が、カレに対して試し行動を起こそうかしら」と思った人もいるでしょう。
ちょっと待った、男性の「試し」と、女性の「試し」の根底にあるものは、全くの別物ですから、注意が必要です。
男性の「試し」には、「余裕」があります。
子どもと一緒ですよ。
子どもは、お母さんの愛情に確信を得ているからこそ、試し行動を起こすことができるのです。
対して、女性の「試し」には、その根底に「不安」があります。
洋服屋さんでの試着のようなイメージ。
「ウエスト60で入るはずだけど、メーカーによって若干違いがあるっていうから、もしかしたら入らないかもしれない」と思う感覚と一緒です。

余裕があるからこそ試す男性と、不安があるからこそ試す女性……真逆の価値観ですよね。
そう考えると、私たち女性には、試し行動って不向きなのだと思います。
不向きな試し行動を起こすよりも、試し行動を起こす男性を受け入れる姿勢のほうがよっぽど大事!
子どもを持つお母さんの心境を思い浮かべると、しっくり来るでしょう。
ラクガキや散らかし、食べこぼしなどの悪戯をする子どもに対して、「我が子は、母親である私を愛していないのかしら……」などと、思い悩んだりしないですよね。
ましてや、子どもの愛情を試そうと、意味もなく冷たい態度をとったりしないですよね。
母は強しといいますが、その強さを見習って、どーんと構えていましょう。

written by 菊池美佳子


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…