「~ちゃんらしい」の極意Lesson6
180度ちがうよ! 「あたしらしい」VS「代わり映えしない」

もとショップ店員で、現在は自分売り専門家の酒井なるみです。“一筋縄ではいかない恋”ってヤツですが、(恋愛+自分)×ファッションの突破への糸口を模索する女子の味方です!

今回は、ファッションに見る「あたしらしい」VS「代わり映えしない」に迫ります。

ファッションは心の鏡

元気なときは明るい服が着たくなるし、気分がふさぎがちのときはファッションにまで気が回らなかったり……。

ファッションに心の状態は反映されると思ったことはありませんか。ダダ漏れの場合も、些細なときもありますが、とかく女子はファッションに漏れがちな生き物です。

お気に入りのファッションを思い浮かべてみてください。同じファッションなのに「あたしらしい」と思えるときはポジティブなとき、「代わり映えしない」とちょっと停滞期なのかもしれません。

ポジティブな自分とネガティブな自分との波を、どう操縦したらいいのでしょうか。如実に表れる「ファッション×心」の縮図。

あなたの中に潜む「あたしらしい」VS「代わり映えしない」。とくに後者の、“これまで気に入っていたファッションが、しっくりこないとき”の対処法を考えてみました。

「代わり映えしない」気分の3つの対処法

1 自分を甘やかしてみる

好きだったはずのファッションがなんだか陳腐に感じてしまうのは心のSOS。そんなときは「あたし、疲れてるのかな」といたわってあげてください。

 思い切っていつも選ばないようなファッション(欲するファッション)をチョイスしてみるのもあり! そこにモヤモヤ解消の鍵があるかもしれません。

 2 イメチェンの機会にする

ポジティブに捉えれば、変化のときなのです。今の自分を変えたい!  という願望が沸々と湧き上がっているのかもしれませんよ。変化を恐れず、今まで選ばなかったようなファッションを実行に移してみることをおすすめします。

 3 断捨離の機会にする

心の荷物に疲れてきて、「何もかも捨てちゃいたい」と思うこと、誰にでもあります。ファッションにもそんな時期があっても不思議ではありません。そんなときは、“ときめく服”だけを残す断捨離をしてみては?

ファッションは恋のバロメーター

変動するファッションはあなたの心のバロメーターです。はたから見てどんなふうに映るかよりも、「あたしらしい」と思えるものを選びましょう。

 その先にはきっと「あたしらしい」と思うことができる恋愛があります。応援しています!!

 ≪次回予告≫

次回は“個性ミナギルファッション女子”の恋について語りましょう。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…