離れていても大丈夫!「遠距離恋愛」を実らせた6つの結婚エピソード

結婚へのハードルが高めな印象の遠距離恋愛 。彼の心が離れてしまわないか、自分が冷めてしまわないか……。心配が尽きることはありません。そんな 遠距離恋愛 を乗り越えて、生涯のパートナーを得た女性に、結婚にまつわるエピソードを聞いてみました。

◆遠距離恋愛中「離れて過ごしているとき」のエピソード

まずは、彼と離れて過ごしているときのエピソードを聞いてみました。

「私は東京、彼は博多……彼が転勤になって3年、遠距離恋愛状態でした。最初は寂しくて不安でしたが、普段はメールやLINE、週末はSkypeなどまめに連絡を取り合っていたのがよかったのかもしれません。いつものようにSkypeをしているときに『こっちで暮らさないか』と言われました」(28歳/人材)

「距離が離れている分、毎日のLINEやfacetime(テレビ電話)は欠かせませんでした。その日の出来事や、なんでもない話をすることで距離を忘れることが出来たのだと思います。『遠距離だったけど、いつも心はそばにいてくれてありがとう』と言われプロポーズされたときは、遠距離を頑張ってよかった!と嬉しい気持ちでいっぱいでした」(30歳/事務)

たとえ離れていても、お互いの思いや気持ちを確認するために、連絡をこまめに取り合う人は多いよう。今の時代は離れていても、顔を見ながら話ができる時代なので、遠距離恋愛になってしまっても心の距離が離れてしまうことは回避できるかもしれませんね。

一方、遠くから彼をそっと見守るかのように、連絡を控えめにした人のエピソードはこちら。

「彼が海外赴任になったので、気軽に会いに行くこともできず、遠距離恋愛だった時期があります。彼は支店の立ち上げに関わってかなり忙しそうだったので、こちらからはあまり電話やメールもしませんでした。それが彼にはかえって『信じてくれている』『見守ってくれている』ように見えたみたいです。帰国後にプロポーズされました」(30歳/IT)

遠距離恋愛の寂しさはあれど、仕事の都合などで連絡がマメにできないという人もいるはず。相手の都合を考えずに「なんで連絡くれないの?」「私の事好きじゃないの?」などと言ってしまっては良くない結果を招いてしまう可能性も。

相手や自分の状況に応じて、連絡の頻度を調整するとよいでしょう。

◆遠距離恋愛 中「会っているとき」のエピソード

遠距離恋愛

次は遠距離恋愛中、彼と会っているときのエピソードを聞いてみました。

「交通費もばかにならないので、会うのは月1回が限度。お互いの住んでいるところを交代で行き来していました。滅多に会えないのでデートは貴重。他の煩わしいことは忘れて楽しむようにしていました。その姿が彼には健気に見えたらしく『結婚しようか』とプロポーズされたんです」(29歳/広告)

「遠距離恋愛をする前は、ケンカばかりだった私たち。しかし、彼の転職によって遠距離になってからは、たまにしか会えないので『絶対ケンカはしない』というルールを決めることにしました。その結果、毎回楽しい時間が過ごせましたし、彼からも『もっと一緒にいたいから、結婚しよう』と言われました」(32歳/アパレル)

遠距離恋愛においては、会えるときにはふたりの時間を心から楽しむことが大切のよう。滅多に会えないのにケンカばかり……なんてことは、やはり避けたいですよね。「一緒にいて楽しい!」という印象を彼に強く与えることが出来れば、「もっと一緒にいたい」と彼も徐々に結婚を考えてくれることでしょう。

また、別れ際に強く「寂しい」と感じられるのも、遠距離恋愛ならではのエピソード。

「ふたりで会うのは数ヶ月に1回。『それなら旅行を兼ねて会うのはどう』なんて話になり、離れて暮らしている間、彼とはたくさん旅行をしたように思います。あるとき彼から『空港で落ち合って空港で別れるのは寂しいね……』と言われたのが印象的でした。その数週間後に結婚が決まりました」(33歳/医療)

寂しさや切なさを感じた瞬間、男性は「一緒に暮らしたいから、結婚したい!」と思うのかもしれません。別れ際の言動も大事なポイントとなりそうですね。別れるのが名残惜しい……と思わせることが、結婚の後押しとなるでしょう。

遠距離は結婚の敵ではありません。遠距離を味方につけることができれば、逆に結婚への近道になることもあります。先輩たちの声を参考に、遠距離恋愛からの結婚を目指してみてはいかがでしょうか。