『恋活をしながら温活も!温活生活でホットな女に!』~カリスマ美容ブロガーに聞く女子力UP美容法♡ Vol.15

■ ホットな女になる!

まだまだ寒い日が続きます。風邪をひいたり体調を崩したりしやすい時期です。
体調不良では恋も始まりません。恋活どころではありません。自分の体調管理は自分自身でしっかり行いましょう。ぶっちゃけ「恋は体力勝負」と言っても過言ではないのです。ですが、いきなりアスリート並みにトレーニングに励むことはできないので、ホットな女になりましょう。ホットな女になるには温活しかない!

■ 冷えた女にはいいことナシ

冷えは女性の大敵。平熱が36度未満の低体温の女性も増えています。肩こりや頭痛、腰痛、便秘、肌荒れ、むくみ、太りやすい、アレルギーなどの原因に。生理不順や不妊、自律神経失調症なども低体温によって起こる症状だといわれています。手足が冷たいだけと甘く見ていたことが諸悪の根源だったりします。

肌が荒れたり、顔色が悪かったり、便秘になったり、太ったり、疲れやすかったり等々、冷えた女にはいいことがひとつもないのです。なんて恐ろしい!!

冷えの症状に「恋愛がうまくいきません」なんて一文があっても納得しそうなくらい恐ろしい!!

■ 今日から温活生活を

温活は恋活より簡単ですぐに始められます(笑) 

① 冷たい飲み物を温かいホットドリンクにチェンジ

冬の間に温かい飲み物に慣れておくと暑くなってからも温かい飲み物を抵抗なく飲めるようになります。夏でも冷たい飲み物は極力避けます。ホットドリンクでもコーヒーや緑茶は体を冷やす飲み物なので紅茶やほうじ茶など発酵させた茶葉やココアを。

② シャワーだけで済ませず湯船につかる

寒い夜でも熱湯風呂は厳禁です。体の芯からポカポカと温めるためには40度くらいのお湯にゆっくりじっくり。(15~30分程度)ジワ~っと汗が出てくるまでつかります。新陳代謝も活発になって老廃物も排出にも◎

その他、保湿効果のあるインナーを着用する、湯冷めしないようにする、ストレッチをする、軽い運動(階段を使う、家事をするなど)をする。難しくありません。今日から始められることばかりです♪

■ 温める食べ物も

素材

体を温める食べ物として有名なのが生姜です。体を冷やすと思われがちなフルーツにも体を温める果物があります。プルーンやあんず、リンゴやオレンジなどスーパーなどでも手軽に購入できる果物です。美肌・美腸フルーツでもあるので積極的に摂って! ホットな女はお菓子よりフルーツ♡ホットな女は恋愛もうまくいく♡(はず)


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…