~2012年開催 人気の街コンから探る~ なぜ『街コン』にはイケてる男女が集まるのか?

今や誰もが一度は耳にしたことのある『街コン』。毎年恒例の“2012 ユーキャン新語・流行語大賞”でもノミネートされるなど、その破竹の勢いは留まることを知らず、日本各地で街コンブームに湧いている。
 
そこで今回は2012年に開催された、街コン参加者○○人の方からアンケートをいただいた結果から、人気の高い『街コン』を探る!!
 図3
 
この結果から、いかに参加者がお洒落な街で、素敵な異性を探しているかが伺えるが、『街コン』には本当にイケてる参加者はいるのか、そして本当に出会いは期待できるのか!? 人気の街コンランキングでも上位に入る、予約殺到の「日本橋コン」にて、筆者自らが潜入調査に挑み、その真相を確かめた!
 
 

女子のレベルが高い!!

図4

 

『街コン』は同性2名での参加が必須。婚活仲間の友人を引き連れて参加してみると、400人規模のイベントなのに受付から席までの誘導がとてもスムーズなことにまず驚いた。待ち時間もなく、簡単な説明を受けてすぐに座席まで案内。今回は誰もいないテーブルに案内されたため、どんな男性が現れるか友人と期待を膨らませつつ、同じ店舗に案内された人たちを見渡してみることに……。

 
ビックリしたのは女子のレベルの高いこと! 男性よりも先に同性に目が行くほど、どのテーブルに座る女性も標準以上で品があり、自分を良く見せる方法を熟知しているように感じた。
一方、男性のほうは、何たる幅!! ぜひお話してみたいと思う素敵メンズもいれば、雰囲気からしてちょっと残念な方もいたりと、女性のハイレベルさに比べるとバラつきがあるように思えた。
とはいえ全体的に見ると、『街コン』での出会いは期待できそう! そんな直感を友人と抱き、さらにテンションを上げたのだった。
 
※余談になるが、一店舗目と二店舗目の間に立ち寄ったパウダールームでの出来事。パウダールームは女子の聖域。ここでは女子ならではの本音トークが聞けるのでは!? と思っていたが、男性陣への悪口や酷評は一切なく、「次はどんな人たちと会えるかな♪」といった、とても気持ちの良い声ばかり聞こえていたことが印象的だった。女子の方々、見た目だけでなく心までお美しいとは……御見逸れ致しました。
 

必ず連絡先GET! 
その場で次回の約束も!!

図5

 

著者の『街コン』初参加結果から申しますと、話上手で聞き上手なデキル友人のお陰もあり、めでたく2戦2勝☆☆
一組目の方たちからは二次会に誘われ、二組目の方たちとは翌週に改めて食事をすることになった……。
 
 
近頃では“合コン”という言葉自体があまり聞かれなくなり、“合コン”というよりはむしろ“共通の友人を介しての飲み会”という定義で集まることが多いようで、そのため飲み会が終わっても、連絡先を交換し合うという合コンならではの風習がなくなってしまったと感じる人も多いのでは?
 
しかし! 『街コン』では男女が“出会いを目的”に訪れ、場を楽しみ、盛り上げようとする気持ちが双方にあることから話題が途切れることがない。スタートから45分は指定された店舗での飲食になるが、あっという間に楽しい時間は過ぎ、スタッフからフリータイム突入のお知らせが入ると、どのテーブルでも「では連絡先を……」といったやり取りが自然に交わされアドレス交換をする場面が見受けられた。
 
目的が同じ人たちが集い、楽しみ、また一緒に過ごしたいと思う……。そんな流れから当たり前のように連絡先を交換し合い、二次会なり次の約束が無理なく交わせるのが『街コン』最大の特徴のようだ。
 
『街コン』は友人止まり。そんな先入観をいだいている人も中にはいるかもしれないが、実際にカップル成立や結婚したという方もおられるように、『街コン』は大いに期待の持てる婚活の第一歩であることが今回の潜入調査からわかった。リアルな恋愛につながる出会いの場だからこそ、世間を賑わせ空前の“街コンブーム”を巻き起こすほどの人気を集める一大イベントになっているのではないだろうか。
 
まだ『街コン』に参加したことのないそこのアナタ!
男性ならいつもより少しだけお洒落に気を配りトークのご準備を。女性なら普段通りの心意気で参加すれば、素敵な出会いに導かれて明るい未来が迎えられるかもしれない。