クンニ無しエッチが続いている!?男性の9割はクンニ好きなのに、なぜ?

彼がクリトリスを舌で優しく愛撫してくる…。この瞬間、女性として愛されている安心感と、じわじわとやってくる快感で心身ともに満たされます。

クンニリングスは、女性がオーガズムを迎えるために欠かせない前戯と言えるでしょう。そして男性にとっても、クンニで女性を満足させることは悦び。実際に、LCラブコスメの調査によると、約86%の男性が「クンニが好き」と回答!「どちらとも言えない」が約10%。なんと「嫌い」と答えたのはわずか4%でした。

では、あなたの彼はどうでしょうか?そして、彼のクンニに満足していますか?

実は、LCラブコスメが調査によると「彼のクンニに不満を抱いている」という女性の本音が明らかになりました。

●「指先をちょっと触れるだけで、すぐに挿入されてしまいます。」(kokoroさん/23歳/金融)
●「私の彼は、胸はいつまでも舐めますが、アソコは絶対に舐めてくれません!」(新奈さん/29歳/会社員) 
●「セックスのたびに『今日舐めてほしい…?』と恐る恐る聞いてきます。舐めたくないなら舐めなくても良いけど、ちょっとガッカリ!」(ガーベラさん/32歳/ショップ店員)

彼が舌を使って丁寧に愛撫してくれない。そんな中途半端な前戯に満足できていない女性は意外と多いのです。しかし、なぜ「クンニが好き」と答えている男性が9割近くもいるのに、オーラルをしてくれないのでしょうか?

クンニが好きなはずの男性が、クンニを避けてしまう原因と理由があったのです。

「男性がクンニを避ける理由」ランキング発表!第1位は……?!

LCラブコスメが男性を対象にしたアンケートで「女性のアソコへのオーラル愛撫を嫌う理由は何ですか?」と聞いてみました。男性のコメントから判明した「男性がクンニを避ける理由」のランキングを、第4位から順番に見てみましょう!

◇第4位/クンニをする必要がないと思っている

男性の中には、クンニを「挿入しやすくするためだけの行為」だと思っている人が少なからずいます。あなたが別の前戯で十分に感じ濡れていると、あえて舐めることはないと判断する男性も多いようです。

◇第3位/女性器の陰毛が邪魔

女性器には凹凸が少なく、オーラルの時には肌の近くに顔を近づけることになります。そんな時に邪魔になるのが、陰毛。「鼻がくすぐったい」「陰毛が抜けてのどに張り付く」などの理由で、クンニを嫌がるようになる男性もいます。この場合、女性側がヒートカッターなどで、アンダーヘアの長さを整えるなどのケアが必要です。

◇第2位/女性器の見た目が苦手

女性器のビジュアルを「グロテスク」と感じる男性もいます。初めてのフェラチオの時、男性器のビジュアルに少し抵抗感がありませんでしたか?彼が感じている姿を見て、だんだんとフェラチオが二人のラブタイムを盛り上げる材料になったり、女性自身も感じてきたはず。男性自身も「女性を喜ばせたい」という思いはあるので、部屋を暗くするなどの工夫をしてみましょう。また、普段から黒ずみのケアは必要です。

◇第1位/女性器のニオイが苦手

「男性がクンニを避ける理由」の第1位は、ズバリ「女性器のニオイが苦手だから」

LCラブコスメのアンケートによると、「女性の性器を臭いと感じたのに、我慢して舐めたことがありますか」という問いに対し、なんと4人に3人もの男性が「ある」と回答しています。「私の彼はいつもオーラルをしてくれているから心配なし!」と思っている女性も、決して油断できません。

●「綺麗にしてくれているのは分かるけど…濡れてくると臭いがします!」(32歳/広告代理店)
●「挿入前にクンニをしたところ、アソコのニオイがキツくて萎えてしまいました…」(26歳/金融)
●「シャワーを浴びたはずなのに、アソコからチーズみたいなニオイがするのはなぜ?」(28歳/アパレル関係)
男性はデリケートゾーンのニオイを不快と思っていても、女性を傷つけたくない気持ちから直接は言わず我慢します。

デリケートゾーンのニオイが強いと我慢し続けることになり、クンニだけではなくセックス自体を嫌がるようになってしまう男性も少なくないのです。

しっかりと洗っているのに、アソコのニオイがするのはどうして!?

しかし、女性としては「しっかり洗っているのにどうしてニオイがするの?」と思ってしまいますよね。実は、エッチ前にシャワーで洗い流すだけでは、デリケートゾーンのニオイの元を落としきることはできないのです。

女性の性器周辺の構造は複雑で、汚れが残りやすく、蒸れて雑菌が繁殖しやすい部位です。さらに雑菌に対して自己防衛するために、酸性の成分を含んでいます。これらが重なって、女性特有の「ムワッとした酸っぱいニオイ」がアソコから発生してしまうのです。

さらに、デリケートゾーンの汚れは特殊なタンパク汚れ。日常的にしっかりとケアをしていないと、性器自体や下着にまでニオイが染みついてしまいます。また、ニオイを気にするあまり洗いすぎるのもNG!ボディタオルなどでゴシゴシと強く洗ったり、洗浄力の強いボディソープで洗ってしまうと、皮膚を守っている常在菌まで洗い流してしまい、かえってニオイの原因となってしまうことも…。また洗い過ぎるのは、ニオイだけではなく、摩擦による黒ずみにもなってしまい、見た目の印象も変わってしまいます。

【体験談】デリケートゾーンの正しいケアで彼がクンニ好きに変身!

では実際に「アソコがおいしいね…いつまでも舐めていたい!」と、彼に舌でたっぷり愛されている女性たちはどのようなケアをしているのでしょうか?そんな彼女たちの体験談をご紹介します。

●最近初めての彼氏ができたのですが、彼は一度だけデリケートゾーンを舐めてくれたものの、それ以来ご無沙汰だったんです。きっと臭いが原因なんだろうと思い、悩んだあげくデリケートゾーンのケアアイテムを購入したんです。久々に先日彼に会い、いつも通り彼からのアプローチが。いつもはキスや胸を舐めた後に挿入して終わりだったのに…なんとデリケートゾーンを舐めてきてくれたのです。「なんか今日はいつもと違うね。」と言われ、私は感じながらもすごく幸せな気分でした。その日はいつもより大胆だったかもしれません…(笑)
(ゆうさん/19歳/学生)

●私は以前から生理前のデリケートゾーンの臭いに悩んでいました。セックスの時彼に「臭いが気になる」と言われショックを受けていたところ、ネットでたまたまデリケートゾーンのケアアイテムがヒットし、それを購入したんです。
本当に実感があるのか半信半疑で数週間使用していました。するとセックスの時に彼が「アソコがおいしいね…いつまでも舐めていたい!」と言ってくれたんです!彼はそれから、あんなに嫌がっていたオーラルを自分からしてくれるようになりました。セックスの回数も増え、自信が持てました!
(RIEさん/25歳/会社員)

intimate young couple during foreplay in bed

「LCジャムウ ハーバルソープ」で彼がオーラルに夢中……。

彼にたくさんオーラルをされるようになった彼女たちが使っているのは「LCジャムウ ハーバルソープ

インドネシアの伝統的なハーブを使ったデリケートゾーン用の自然派石鹸です。植物エキスの成分を凝縮し、日本人の肌に合うように作られているので、敏感なデリケートゾーンにも安心して使うことができます。

使い方はとても簡単!泡立てネットを使ってよく泡立てた泡を、デリケートゾーンに乗せて3分間パックするだけで、ニオイの元をさっぱりと洗い流してくれます。

安定剤や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤を使っていないので、デリケートゾーンはもちろん、ニオイが気になるワキ、足、胸、顔など、全身に安心して使用することができます。さらに嬉しいことに、気になるニオイが洗い流されるだけではなく、同時に黒ずみの汚れまで落としてくれるので、見た目の清潔感にも自信が持てるようになります。

1026%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%a0%e3%82%a6-2001

「ずっと舐めていたい」と言わせる美味しいアソコに!

LCラブコスメは、女性が運営している女性のためのセクシャルヘルスケアのブランド。女性が誰にも言えずに悩んでいるお悩みを、こっそりケアしてくれます。なかでもジャムウシリーズは、発売から12年以上を経て累計販売数は213万個を突破!堂々「第1位」の人気商品です。「LCラブコスメ」で検索すれば、あなたにぴったりの商品が見つかるはず。

彼の熱い舌で丁寧なクンニをしてもらうと、快感だけではなく「愛されている!」と実感できて、うっとりするほどの幸福感に満たされますよね。その気持ちの解放が、オーガズムを迎えやすくもしてくれます。

美味しいアソコを手に入れて、今までクンニをしてくれなかった彼を、夢中であなたのアソコを舐める「舐め男クン」に大変身させてみませんか?今まで以上に彼から愛情と、オーガズムを感じるラブタイムを体験できるはずです!

Young couple having sex with woman in ecstasy- shoot with lensbaby

 

Written by 遠藤 加奈