今夜は1回戦で終わらない! 彼が病みつきになるアソコになる方法

淡白になった彼……ひょっとして私、愛されてない?

「最近、彼からエッチを求めてこない」

彼とのエッチについて、そんな悩みを持つ女性は少なくありません。ずっとそんなことが続くと、「ひょっとして、これがマンネリ?このままセックスレス?」と不安になってしまいますね。

実は、女性が考えているよりも男性はデリケート。仕事のストレスで頭がいっぱいでエッチどころではない、疲れてなかなかエッチをする気になれないなどの体力的なことも十分考えられます。だからと言って、そのまま安心してはいけません!

「彼に余裕があり、そこまで気持ちよさそうではない」
「昔は一晩で何回もだったのに、今では終わって即、おやすみ」

もし、以前と比べてエッチ自体に盛り上がりがないようなら、もっと『挿入』について考えてみるといいかもしれません。
まずは男性が回答した、あるラブタイムについてのアンケートの結果を見てみましょう。

Passion and desire in the bed

男性がエッチのとき気持ちいいと感じる2つの瞬間とは?

LCラブコスメのアンケートで、「愛撫と挿入、どっちが気持ち好き?」と質問したところ、女性は半数以上が「愛撫」と答えたのに対し、男性は8割以上が「挿入」と答えました。やはり男性は、女性以上にラブタイムの時に「挿入」を重視しています。

男性のエッチの気持ちよさは射精の瞬間だけと言われることも多いですが、本当に重要なのは「挿入した瞬間」。挿入後にいきなり包まれて、締め付けられる快感はとても気持ちいいらしく、「すごい、トロけそう!」「今日は我慢できないかも!」と期待が膨らむのだとか。

つまり、エッチの満足度は挿入時に決まると言っても過言ではありません。挿入時の締めつけができれば、「こんなに相性のいい子はいない!」「何度も抱きたい!」と彼に思わせることができます。
この締まり具合の感覚は、努力次第で簡単に変えることが可能です。その努力とは、「膣圧」を鍛えること。鍛えると男性のアソコを締める力が強くなり、彼の快感が倍増します。

さらに、より強く密着することから女性自身も快感を得やすくオーガズムを感じやすくなります。彼のためだけでなく、自分のためにも「膣圧」を鍛えることおすすめします。

S

実際に膣圧を鍛えた女性たちから、こんな体験談を聞くことができました。

“凄く締め付けてきて、気持ち良かったと言われ驚きました! ”
ミントさん(32歳 / 主婦)

数ヶ月程前から、旦那さんがイクのに時間が掛かっていて、もしかしたら私に原因があるのではと、悩んでいました。自分でも旦那さんが中に入ってきた時に、緩くなっているような感じがしていたからです。それから、旦那さんがイケない時があり思い切って尋ねてみると、最近急に締まりが悪くなった感じだと、申しわけなさそうに言いました。気にしなくていいから……と、優しい言葉をかけてくれましたが、私はやっぱりショックで。毎日トレーニングを行い数ヶ月。自分では実感があるかは分からないまま、旦那さんと夜にエッチをした時に、彼が以前のようにとても早くイってしまいました。どうしたの? って聞いてみたら、凄く締め付けてきて、気持ち良かったと言われ驚きました。どうして急にと追及され、恥ずかしくて答えられずにいると、何かを察してくれたのか、抱き締めながら、ありがとうと言ってくれたのが、本当に嬉しくて。これからも膣トレは続けたいと思います。

“いつも余裕な彼が動きを止めて、息を荒くして……”
なっぱさん(20歳/大学生)

今まで私は中でイったことが無く、そして彼のも最後は私が口でしてあげて終わりという流れでした。「中でイってみたいし、彼にも満足してもらいたいし……」と悩んでいたら、どうやら膣トレが膣の感度上昇・締め付け力向上に良いらしいとのこと。(中略)トレーニングを始め、そして、ついに彼との仲良しタイム! いつも彼が入ってくる時はずきっとした痛みがあったのですが、むしろ入ってきた彼の形が前よりもわかる! うわ、これはすごく興奮するぞとテンションが上がりました(笑)時折彼のをぎゅっと締め付けたり引き込むように力を入れてみると、いつも余裕な彼が動きを止めて、息を荒くしているではありませんか! ふっと目が合うとイキナリ激しいキスをされ、「どうしたんですか? すごい締め付け……。もっていかれそう。」とのお言葉が! 私もすごく興奮して中でイクことは出来なかったものの、嬉しかったからなのか、胸というかお腹がじーんと痺れて彼のことを凄く愛おしく感じました……。

“1回戦で終わるのかと思いきや、結局4回戦も……。”
だんごさん(48歳/事務職)

自分が気持ちよくなるより、彼の方が先にいってしまうし、若いけれど淡白な彼だったのか、毎回2回戦いけばいい方。だから気持ちよくはなるものの、40歳になっても、まだイクということがわかりませんでした。週に1回あるかないかのペースで膣トレをしているうちに、縁があり今の彼と付き合うように。初めて愛し合った時、今までのように1回戦で終わるのかと思いきや、結局4回戦も。そして1番驚いたのが、潮吹きもしてしまいました。年齢の割にセックスの回数が多いのですが、1回戦で終わったことがありません♪ 彼の精力が強いのかと思っていたけれど、彼曰く、だんごさんのは本当に良く締まっていて、でも潤っていて、すごく気持ちいい。離れたくない。こんなにハマったのはこの年になるまで初めて、と言ってくれます。でも、ついつい頑張り過ぎて、次の日が大変だとも言ってました(笑)

S

1日たった10分から始められる! 膣圧を鍛える「膣トレ」とは?

「彼に何度も求められたい」「彼にもっと挿入で気持ち良くなってほしい」。そう思っても、「膣圧を鍛える」って、いったいどんなトレーニングをすればいいのでしょうか。デリケートな部分でもあるので、不安もあります。

実は「膣トレ」が手軽にできるアイテムがあります。

体験談の彼女たちが膣圧を鍛えるためトレーニングに使用したのは、LCラブコスメ膣トレセット『LCインナーボール&LCジャムウ・デリケートパック』。
お風呂やベッドで1日たった10分から始められる「LCインナーボール」と、おりものやニオイの元をさっぱり洗い流すデリケートゾーン用のパック「LCジャムウ・デリケートパック」のセットです。

「LCインナーボール」は、ピンポン玉ほどの大きさのボールが連結した形で、内側に入れ、キュっと締めてトレーニングします。素材は医療用器具にも使われるエラストマーで、日本人の女性に合わせたサイズにも調整されているので、初めての方でも安心して使えます。LCラブコスメのサイトに使い方が詳しく掲載されいるので、簡単に始められます。

1114lc002

 

また「LCジャムウ・デリケートパック」は、257万個もの売り上げを達成したLCの人気商品・ジャムウシリーズ(実績257万個)のひとつ。インドネシアの伝統的なハーブ「ジャムウ」を始めとした自然素材を配合しており、おりもの、ニオイの元をさっぱり洗い流すほか、デリケートゾーンの肌の引き締めも期待できます。「LCインナーボール」で筋肉を鍛え、「LCジャムウ・デリケートパック」で肌の引き締めと臭いもケアすることで、より自信を持って彼とのラブタイムを楽しめます。
彼が「何度も抱きたい」「ずっと挿入していたい」と感じるほど病みつきになるアソコは、トレーニング次第でつくることができるのです。マンネリやセックスレスを感じることがあるなら、膣圧トレーニングで挿入の感覚を変えてみませんか?

1114lc003

また、膣トレをするとすぐに騎乗位がお互いに快感を得られやすくなります。騎乗位はもっとも力加減を調節しやすい体位ですので、トレーニングの成果が出やすいのです。
彼とのエッチをもう1度、もっと情熱的に!「終わって即、おやすみ」を「今夜は、もう1回しよう」に! マンネリもなく、セックスレスも心配ない関係を、ちょっとした工夫で手に入れてみませんか?

LCラブコスメは、女性が運営している女性のためのセクシャルヘルスケアブランドです。もっと恋を楽しみたい女性や、この恋を絶対逃したくない女性のための恋のお守りアイテムやコスメが充実! 誰にも言えずに悩んでいるお悩みもこっそりケアできます。「ラブコスメ」で検索を。

 

(関連記事)絶頂するセックスに必要なものは、前戯や挿入よりも「●●」だった!