「もう1回舐めさせて……」彼がおかわりしたくなるほど美味しいクンニの秘密

温かくて柔らかくて……。彼に熱い舌を使って愛撫されたときの気持ちよさは、手で触れられるのとは全く違うもの。大好きな人から丁寧に舐められると、快感だけではなく女性として愛されている幸福感まで感じます。本音を言えば、クンニだけで何度もイッてしまうほど、時間をかけて愛撫してほしいですよね。

そんな幸せなクンニへの期待が高まりながらベッドに入ったのに、彼の顔はいつまでたっても自分の上半身に。たまに下の方に顔がおりてき「ついに……」と思っても、アソコは素通りして別のところへ……。そんな経験ありませんか?

「1番敏感な部分をじっくり舐めてほしい」「舌でもっと感じさせてほしい」という女性の想いとは裏腹に、自分はフェラして欲しいというのにアソコを舐めない男性も多いようです。

●彼氏が舐めてくれるのは3回に1回くらいで、時間も短くて。でも、自分から「舐めて!」と言うのは恥ずかしい(きのさん/19歳/大学生)
●約1年半付き合っている彼氏がいますが、いままでクンニをされたことがありません。(つきみさん/22歳/学生)

舌を使ってお互いの性器を愛撫すると、気持ちよさだけでなくたくさんの愛情を感じ、幸せな気持ちで心が満たされます。特に女性の場合、丁寧な前戯を行うことでセックスの満足度が高まる傾向にあるため、「挿入よりも前戯のほうが好き!」という女性も多いのです。

その一方で、最近では「クンニをしたくない」という男性が増えているのをご存知ですか? 実は、ある理由が男性の「クンニしたい」という気持ちの妨げになっているのです。

1202lc006

これはショック……! 男性がクンニをしたくない理由とは!?

【男性に質問!】クンニをしたくない理由は何ですか?
●「シャワーを浴びたあとなのに、濡れてくるとすっぱいニオイが……」(32歳/広告代理店)
●「我慢すればできるけど、ニオイと味がどうしても苦手で自分からは舐めたいと思わない」(26歳/金融)
●「舐める気満々だったけど、アワビみたいな真っ黒なアソコを見て無理だと思った」(28歳/アパレル関係)

もし大好きな彼に心の中でそんな風に思われていたら、ショック……。アンケートによると男性がクンニをしなくなっている理由の多くは、アソコの「ニオイ」と「黒ずみ」。しかし、ほとんどの女性は急な展開でない限りエッチ直前にアソコを丁寧に洗っているはず。「しっかり洗っているのに、そんなに臭っているの?」と思ってしまうのも当然です。

実は、女性器の構造はとても複雑なため、エッチ直前にシャワーで洗い流したり、お風呂に入るだけではニオイの元を洗い流すことはできない場合もあります。例えば、指を使って広げないと確認できないヒダの付け根部分。汚れがたまりやすいだけでなく、蒸れて雑菌が繁殖し嫌な臭いの元となります。

そして、女性器周辺は雑菌からデリケートな部分を守るため酸性の成分を含んでいます。これらが混ざりあうことで女性特有の「ムワッとした酸っぱいニオイ」が発生し、女性器周辺や下着にまで染みついているのです。

さらに、ニオイを気にしすぎてゴシゴシと強く洗ってしまうとそれが黒ずみの原因となり、ニオイだけでなく、見た目でも悩まされてしまうことも。黒ずみは、皮膚の刺激に対して皮膚が防衛反応を起こして、メラニンを生成することで発生します。特に日本人は黒ずみができやすい体質なので、洗う際の過度な摩擦は黒ずみに直結してしまうのです。
多くの女性がニオイと黒ずみに悩む中、彼に「とてもキレイで美味しいね。もっと舐めていい?」と言われて、おかわりまでされている女性もいます。そんな彼女達は一体どのような方法で、デリケートゾーンのケアをしているのでしょうか。

young lovers kissing on the couch. focused on hand

「彼が初めて舐めてくれた!」美味しいクンニ体験談

これからご紹介する3名の女性は、彼が舐めてくれない! という共通の悩みを抱えていましたが、デリケートゾーンの専用ケアをすることで「舐めるのが大好きな彼」に大変身させました。男性を夢中にさせる美味しいアソコを手に入れた彼女達の体験談を紹介しましょう。

●今の彼は、前戯で舐めたりすることも少なかったみたいで、何かトラウマがあるような感じだったので、せめて臭いはケアしたい、初めて繋がる時には綺麗な自分を見て欲しいというのと、舐めて欲しいという邪な気持ちもあり、とある石けんの購入に至りました。彼との初エッチで、舐めたりしないと言っていた彼から「舐めたい、舐めてもいい?」と言われ恥ずかしかったけど、OK出来たのは普段からケアを頑張っていたお陰かなと思います。2回目には、手でもしつつ長時間舐めてくれて私が「もういいから、欲しい」とおねだりするまで可愛がってくれました。後日聞いたら「何も臭いはしないけどフェロモンみたいなのを感じで、ずっと舐めてたい」と言ってくれました。
(ゆいなさん/28歳/会社員)

●セックス経験が浅く、今まで気にした事がなかったデリケートゾーンの黒ずみ。なんとなく鏡で見てみました(笑)そしたら自分が思っていたよりも黒ずんでいるのです! こんなに黒いままで今までセックスしていたのかと思うと……。そこで急いでとある石けんを注文しました。 手元に届いてすぐ、試しに使ってみました。泡立てネットを使い十分に泡立てて、乳首、脇、デリケートゾーンへ。使い続けて数週間ほど経った頃、彼とホテルへ行く事に。その日の彼は普段あまり見ようとしない私のアソコを覗くようにしながら弄ってくるのです。そして「玲のココ、きれいだね」と言って初めて口でしてくれたんです! もう驚きと恥ずかしさでいっぱいでした。でもとっても嬉しかったです!
(玲さん/19歳/学生)

●ある石けんを使ってデリケートゾーンをパックするようになって数日が経った頃、彼と会うことになり、ホテルへ行きました。いつもは舐めてくれないのに、その日は珍しく舐めてくれたんです。流石に1度だけかと思ったら、その日は2度もアソコを舐められ……正直ビックリしてしまいました(笑)石けんを使い始めて数週間程度なので実感は分かりませんが、使っていくうちに感じたので、少しホッとしました。自分から臭うかどうかは聞きにくいですが、毎日ケアをしていれば、いざという時に安心感があるなぁ……と思いました。
(おつきみさん/29歳/会社員)

S

何度も舐めたくなるアソコの秘密は「LCジャムウ ハーバルソープ」!

「ずっと舐めていたくなる」「もう1回舐めたい」と言われ、彼から何度もクンニをされるようになった彼女たちが使っているのは、LCラブコスメ「LCジャムウ ハーバルソープ」。

「LCジャムウ ハーバルソープ」はインドネシア伝統の“ジャムウ”もとに開発・製造した自然派石けん。通常の石鹸とは異なる手作り製法で、1つ1つ日本女性の肌質に合わせたインドネシア伝承の独自のハーブの植物エキスをギュッと凝縮して詰め込んでいます。肌に優しい使い心地で、安定剤や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤を使っていないので、敏感なデリケートゾーンにも安心して使用することができます。

使い方はとっても簡単。泡立てネットで石けんを泡立てて、ニオイや黒ずみが気になるところに乗せたら、3分後に洗い流すだけ。ニオイの元や黒ずみの原因となる古い角質や汚れを泡と一緒にさっぱり洗い流してくれます。デリケートゾーンはもちろん、ニオイや黒ずみが気になる脇や胸、脚など全身にお使いいただけます。

「LCジャムウ ハーバルソープ」は公式サイトでの通販のみの販売ですが、シリーズの売上累計が257万個を突破! 知っている人は使っている人気のデリケートゾーン用ケア商品なのです。

LCラブコスメは、女性が運営するセクシャルヘルスケアの専門ブランド。デリケートゾーンのニオイと黒ずみをケアする「LCジャムウ ハーバルソープ」をはじめ、アンダーヘア用トリートメントやオーラルセックスを美味しくするシロップなど、彼との関係を深める“恋のおまもり”アイテムが揃っています。

恋やエッチで悩んだら「ラブコスメ」で検索! 誰にも相談できずにいたお悩みにピッタリのラブコスメがきっと見つかります。

 

1202lc001

自分から「舐めて」とおねだりしなくても、彼のほうから「舐めたい」と言ってくれたら、そんな嬉しいことはありませんよね。ニオイと見た目の悩みを解決したら、彼からの愛情を感じられる気持ちいいクンニを体験できるはず。

デリケートゾーンを正しくケアして、彼の舌が止まらなくなるアソコを目指してみませんか? その美味しさのあまり、「もう1回舐めさせて……」と彼が何度もおかわりしたくなるかもしれません!

通販のみで販売している「LCラブコスメ」が、2016年12月1日(木)から2016年12月28日(水)までの期間で、渋谷、自由が丘、あざみ野、北千住、なんばのランキンランキン5店舗に登場!「LCジャムウ・ハーバルソープ」をはじめ、香りで彼を誘惑する「ベッド専用香水」や、彼が思わずあなたの髪をなでなでしたくなるヘアパフュームなどのラブコスメが買えます。インターネット通販では、一歩踏み出せなかった方も、是非店頭でラブコスメをお手にとって楽しんでくださいね。

Happy cute couple in love lying on the bed

 

(関連記事)彼が夢中に!? しつこいぐらいクンニが止まらないアソコの秘密って?