男性の3人に2人が我慢している!? 自分の彼女でも耐えられない●●●のニオイ

その恋、うまくいかないのは●●●対策が足りないから?

「近づいた瞬間、粉チーズの容器の中のニオイがした」
「納豆のようなニオイがアソコから……!」

実は、女性のデリケートゾーンのニオイに関して、男性の本音ではここまで思っている方もいるのだとか。

デリケートゾーンのニオイをそのままにしておくことは、ほかのニオイを放っておく以上に恋愛に悪影響を及ぼしてしまいます。男性は女性以上に、女性のデリケートゾーンのニオイには敏感なのです。
LCラブコスメでは以前、20~60代の男性を対象にしたアンケート調査で、『女性のデリケートゾーンのニオイが気になった経験はありますか?』という質問をしたところ、3人に2人が「ある」と回答。さらに、こんな厳しい本音も寄せられました。

「憧れの女性と初めてのベッドイン。でもアソコのニオイが強すぎて、正直、恋心が冷めかけました」(20代男性)
「体質なのか、彼女のアソコからはチーズのようなニオイがする。今まではクンニが好きだったけど、今はちょっと……」(30代男性)
「普段はそんなに気にならないけど、たまに『あ、今日はにおうな』って気がつくことがある。そういうときはクンニもさりげなくお断りする」(40代男性)

1度「デリケートゾーンのニオイがヤバイ」と印象づけられてしまうと、ずっとそれを引きずって舐めなくなる男性もいるようです。ニオイが原因で“アウトな女”に認定される前に、そのニオイの元を解決しておかないと、いつのまにか男性が離れていってしまうかもしれません。

Young couple kissing each other on the street

アソコのニオイ対策は、エッチの必須マナー!

あなたは、彼にデリケートゾーンのニオイを指摘されたことはありますか? そんなことを直接言われたらショックですが、実はほとんどの男性が気になっていても彼女に言えず、我慢し続けているのです。

デリケートゾーンをきちんとケアするのは、オーラルセックスをする上でのマナー。女性だって、オーラルをするのに男性のアソコが臭かったら、「今日はちょっとしたくないかも……。」「少し早く終わらせてもいいかな。」と思いますよね。男性も同じことを思うのです。

足や口のニオイだったら普段の生活で自覚することも多いかもしれませんが、デリケートゾーンのニオイって、意外と自分では気付いていなかったり、ニオイを気にしていても正しいケア方法を知らない人が多いのです。どのようにケアしたら良いか分からず、結局放置したままエッチ。実は過去に終わってしまった恋も、あなたのデリケートゾーンのニオイが原因だったかもしれません。

どんなに美人で性格が良くても、デリケートゾーンが臭うだけで“アウトな女”になってしまう可能性があります。しかし、逆に考えるとこれはチャンスなのです。

0104lc005

実際に、きちんとデリケートゾーンのニオイケアをして、今まで以上に濃厚なラブタイムを過ごせるようになった女性たちの体験談をご紹介します。

「オーラルを求められるようになったのが泣きそうなくらい嬉しくて…… 」(りこさん / 33歳 / 事務)

初めての彼氏の時に臭うと言われたのがショックでラブタイムに積極的になれず、どうしたら良いかも分からず、友達にも相談出来ず、オーラルに抵抗を持ちました。
その後もオーラルはあんまり好きじゃないということにして逃げてきたのですが、今の彼が舐めるのが大好きという事前情報をうけ、いろいろサイトを調べてるうちに行き着きました。口コミが断然多いのと、SNSなどでも人気商品であることを知り、藁にもすがる思いで購入。早速3分間パックをしました! ネットで泡立たせて胸や脇、肘やデリケートゾーンにのせて3分待って洗い流すと少しすっきりした感覚に。
毎日続けてましたがラブタイムの時にはまだ積極的になれずに自分からは言い出せずにいました。するとある日、彼から「舐めていい?」と言われました。今までだと好きじゃないとか恥ずかしいと逃げてきましたが、毎日3分間パックをしていたこともあり、うん。と小さく頷きました。
最初は恥ずかしさと臭ってたらどうしようって不安と、嫌われないかなという思いがいっぱいであまり集中出来ませんでしたが、その後もオーラルを求められるようになったのが泣きそうなくらい嬉しくて、ラブタイムに彼に甘えたり集中出来るようになってきました!

「『なんか全然臭いしなくなった』と……」(なちゃさん / 22歳 / 大学生)

私はデリケートゾーンの臭いに前々から悩まされていました。トイレに入ったとき自分の臭いが気になっていましたし、彼を膝枕する時も彼に臭ってないかな、といつも不安でした。仲良くする前にはお風呂のお湯で念入りに洗ってはいましたが、それでもすっきりすることはなかったです。
そんな生活を送っているとき、皆さんの口コミを見てすぐに購入を決意しました。
その日の夜、ルンルンで使ってみました。泡で3分間パックするだけでその間に歯磨きしたりと時間もわりと効率よく使えるし、何よりも、臭いの元がよく洗えているからか日中に前ほど臭いが気にならなくなりました。
それは彼も気づいたようで、「なんか全然臭いしなくなった」と言われました。恥ずかしかったのですが、彼曰く、臭いは仕方ないものだと思っていたらしいですが、お手入れの実感に喜んでくれて、友達にも教えてあげよう(笑)と言っていました。

「こんなにもニオイの元が気にならなくなるなんて!」(すずねさん / 20歳 / 学生)

初めて彼氏ができました。彼と付き合い始めてから、もうそろそろワンステップ先に、と思ったときに、彼に不快な思いをさせないようにしよう、と購入を決めました。しばらく使うことはなく、そのままデリケートゾーンを洗い流す日々が続いていました。ある日、彼と仲良ししていたあとに、なんと、デリケートゾーンのことを指摘されてしまいました……。ちょうど身体がデリケートになる期間だったからというのもあるのですが、なによりも彼にそれを指摘されてしまったのがあまりにもショックで。彼は何も言わずにオーラルしてくれていたので、臭いとか我慢してくれていたんだな、って。ショックすぎてしばらく放心してました。
自宅に帰ってからすぐにお風呂に入り、3分泡パック。すると、なんということでしょう。洗い流す事によって、こんなにもニオイの元が気にならなくなるなんて! 使ってなかったことでしばらく忘れていたこの感覚! なんで使うのを止めてしまったんだ、と過去の自分を全力で責めたいくらい(笑)やっぱりエチケットとして、また、自分の普段の生活での不快感を無くすため、ソープでのケアは大事だなと再確認しました。

Loving affectionate nude heterosexual couple on bed in affectionate sensual kiss.

1日3分の簡単ケアで彼に愛されるカラダ作り!

デリケートゾーンのニオイを克服して、自信を取り戻した彼女たちが行ったケアとは、LCラブコスメ『LCジャムウ・ハーバルソープ』での3分間パックです。

『LCジャムウ・ハーバルソープ』は、インドネシアに古くから伝わるハーブ「ジャムウ」の成分をふんだんに配合し、日本人女性の肌に合うように開発・製造されたデリケートゾーン用の石鹸です。ニオイだけでなく、古い角質汚れを落とすことで黒ずみもケアできるすぐれもの。
3分間パックのやり方はとても簡単。泡立てネットで泡立てたたっぷりの泡をニオイや黒ずみが気になるところに乗せて、そのまま3分間キープ。その後、洗い流すだけ。普段のバスタイムにひと手間加えるだけで、ニオイも黒ずみも気にならない、女性らしく清潔なデリケートゾーンにお手入れできます。

保存料、安定剤を一切使用していないので、初めてデリケートゾーン専用のケアを始める方も安心して使用できます。さらに、デリケートゾーンだけではなく、ニオイや黒ずみが気になる足やワキ、乳首にも使えるから、これ1つで全身のあらゆるお悩みを解決できます。

The ancient Chinese medicine, herbs and infusions

ニオイが気にならなくなることで、今まで以上にエッチにも積極的になれるでしょう。シャワーを浴びていないのに、彼に急に押し倒されても、自信を持って、オーラルを受けることもできます。『LCジャムウ・ハーバルソープ』を使った3分間パックで、これまで以上に彼に愛されるカラダづくりを始めてみませんか?

 

1026%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%a0%e3%82%a6-2001

『LCジャムウ・ハーバルソープ』を開発したLCラブコスメは、女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、香りで彼を誘惑する「ベッド専用香水」や、思わずあなたの髪をなでなでしたくなるヘアパフュームなど、恋をする女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。「ラブコスメ」で検索すれば、誰にも相談できずにいたお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。

Mid adult Caucasian men in late 30s and young Hispanic woman in early 20s

 

(関連記事)「今すぐ抱きたくてたまらない……」彼を夢中にさせる女になる●●の魔法