まだ「外イキ」の気持ちよさだけ? 全身に広がる快感「中イキ」を体験する方法

女性のオーガズムは、大きく分けて2種類あります。

1つはクリトリスを刺激することで快感を得る「外イキ」、そしてもう1つは膣の中にあるGスポットやボルチオで達する「中イキ」です。

LCラブコスメが行ったオーガズムに関する調査によると、「外イキ」よりも「中イキ」の方が圧倒的に気持ちいいとのコメントが。
「快感が全身に広がる」「痙攣を起こすほど気持ちいい」「あまりの気持ちよさに涙が出てくる」と、「中イキ」の方がより深く広い快感を得ているようです。

しかし、同社の調査で「あなたは膣で感じる中イキ派か、クリトリスで感じる外イキ派、どちらですか?」という質問をしたところ、なんと80%の女性が「外イキ派」と回答したのです。

コメントには、「クリトリスではイケるけど、中イキの感覚がわからない」「彼の指や舌で愛撫される方が気持ちいい」「エッチのとき、挿入より前戯の方が盛り上がる」という声がいくつも寄せられていました。

「中イキ」の方が大きな快感を得られるのに、約8割の女性が「外イキ派」なのは、「中イキ」「外イキ」に比べて体験するのが難しいため。実際に、男性が「中イキ」させようと、ただ膣だけを刺激しても女性は気持ちよくないし、きっとイケないでしょう。

でも、どんなに体験するのが難しいものでも、できれば彼とのエッチで「中イキ」して、今より数倍もの深い快楽に溺れてみたいですよね。そこで「中イキ」未体験の女性に、おすすめの「中イキ」できるカラダの開発方法を3つご紹介します。

(1)膣圧を鍛えて、「締まるアソコ」をつくる

「中イキ」未経験の女性の多くは、彼のサイズやテクニックなど、男性側に原因があると考えがちです。しかし、女性器の締まりが不足していると、アソコの形が彼にフィットせず、男性側も「物足りない」「なかなかイケない」と感じていることがあります。

実際に、LCラブコスメが男性へ調査を行ったところ、“女性のアソコの締まり具合”について、厳しい声がいくつも寄せられました。
・「挿入しても緩くて気持ちよくないから、最後は口でしてもらってる」(24歳/会社員)
・「『イッていいよ?』と言われても……もっと締めてくれないかな」(38歳/広告代理店)
・「彼女をがっかりさせないよう、毎回イクために必死です(笑)」(30歳/公務員)

女性のアソコの緩みが原因で、自分もイキにくく、そして彼もイキにくいこともあるのです。
もしかしたら、あなたが物足りなさを感じているとき、彼も「気持ちよくない」なんて考えているかもしれません。

だから、「中イキ」するための開発方法として、まずは膣圧を鍛えることが大切。
アソコがキュッと締まるようになると、お互いの性器の密着感が増して、今まで以上に「中」で感じれるように。密着度により彼自身の形まででわかるようになったり、動くたびに擦れて「気持ちいい」と感じられたりするのです。

そんな膣圧は簡単に鍛えることができます。
「LCインナーボール」を使って、ベッドやお風呂で1日たった10分トレーニングするだけで、締まるアソコが作れます。
「LCインナーボール」は、ピンポン玉ほどの大きさが連結した形で、膣圧を鍛えるのに注目のアイテム。

はじめのうちは1個。慣れてきたら2個と調整し、トレーニングします。
医療用器具にも使われるソフトなシリコン素材で、日本人の女性に合わせたサイズで作られているため、「ボールを中に入れるのが不安」という方も安心して使用できます。

実際に使用した、らりるららさん(22歳/大学生)は……。

「ようやく彼と会え、いつもと変わらずキスから……お互い愛撫しドキドキしながらもお互い高まりいざ挿入。その瞬間、彼から『待って、やっべぇ』と一言。『えっ?』って聞いてみると『◯◯のナカ、ぴったりくっついてくる。気持ち良すぎ、もたない』と言われ、その言葉で私も嬉しさと今まで以上に彼のモノがはっきり分かる興奮とで、たまらなかったです。トレーニングで掴んだコツでキュッキュッと締めてみるとその度に彼が反応してくれて幸せでした。今までで1番彼がイクまでが早かったです。その日は『また◯◯のナカ入りたくなっちゃった』と3回戦まで……そして最後には初めて一緒にイケました! 初めての経験もでき、本当に幸せな時間を過ごせました!」

と、彼と初めて中イキを体験しています。

(2)ひとりエッチでカラダの感度を磨く

LCラブコスメが実施したアンケート調査によると、100人中75人の女性が「初めてのオーガズムはひとりエッチで体験した」と回答しています。

「セックスでの快感は、相手が与えてくれるもの」なんて考えていると、「中イキ」は体験できません。どこをどんな風に触れたら気持ちいいのか……。
ひとりエッチで「感じるポイント」を知っておけば、「そこが気持ちいい」「もっとこうして」と、彼に伝えることができますよね。

特に「中」の感度磨きにおすすめなのが、『マリンビーンズ』。

『マリンビーンズ』は、Gスポットをピンポイントで刺激するとがった形状のヘッドと、クリトリスへの快感を逃がさない大き目のクリバイブが特徴。
さらに、ヘッド部分がモーターによって振動することで、奥の奥で快感へと導きます。

この3つのポイントをそれぞれ刺激して、「外」だけではなく「中」の感度も同時に磨けます。
曲線を描いたフォルムの持ち手で扱いやすく、医療用器具にも使われるエラストマー素材を使用しているので、ラブグッズの初心者でも安心。

『マリンビーンズ』で感度磨きを始めた、あーちゃんさん(31歳/会社員)は……。

「最初はゆっくり動かしてみて、ここか? ここか? と自問自答しながらポイントを捜索……。1回目は見つかりませんでした……。諦めずに翌日再度使ってみると、1箇所『ん?』 と思う箇所に当たり、そこを中心に刺激してみたらイクことはできなかったけど、イク寸前までいけました! そして、3回目使用時、前のポイントを刺激してみると……ついにイクことができました。初めての感覚にびっくり。私でも中イキできるんだ、とちょっと感動しました。」

とのこと。今まで「中でイッたことがない」という女性でも、新たな自分の性感帯を発見できるはずです。

(3)エッチ直前の「オーガズムのためのマッサージ」でカラダの準備をする

「中イキ」を経験するには、気持ちよさを素直に受け入れるためのカラダの準備が必要です。
セックス中の羞恥心や緊張感はオーガズムの妨げ。
また、今まで感じたことのない気持ちよさを「こわい」と感じていると、自分自身を制御してしまい、オーガズムが遠のいてしまうことも。

そのため、性的な緊張から解放され、快感に集中することも「中イキ」の第一歩と言えます。

エッチ直前に『ラブコスメ リュイールホット』を使ったオーガズムを感じるためのマッサージを行い、感じるカラダに近づく準備をしてください。

『ラブコスメ リュイールホット』は、肌に優しい植物素材を中心にできていて、指にとるとなめらかで美容液のような触り心地。
アソコに塗ってじっくり丁寧にマッサージすると、じわじわと温かさを感じ、中から自然なうるおいが溢れ出すような独特の感覚を体験できます。

発売から10年以上経った今でも、月間3000個以上がずっと売れ続けている『ラブコスメ リュイールホット』。
LCラブコスメの調査によると、使用者の女性のうち、92%が「彼とのエッチで満足した」と回答しているほど、エッチ中の感度が変わると評判のアイテムなのです。

和水さん(34歳/パート)さんは……。

「スーッとするような温かいようななんとも言えない感じで気持ちよくて悶えて何度もイってしまいました。『スゴいびしょびしょだね。何度もイって……気持ち良さそう。もっと気持ちよくしてあげるよ』と言って夫が入ってきた瞬間、気持ち良すぎてそれだけでイってしまいそうでした。『中がいつも以上にぬるぬるで気持ち良すぎる……和水の気持ちよさそうなのを見てたらイキそうだよ』なんて言いながら私の弱いところを攻め立てる余裕はあったようで。でも最後は一緒にイキました! 凄く気持ち良くて幸せな時間を過ごすことができました!」

と、彼とのエッチで何度もイケるようになり、幸せなラブタイムを過ごしているようです。

『マリンビーンズ』と『ラブコスメ リュイールホット』は、セットで買うと400円お得。
さらに、今なら『マリンビーンズ』がスッポリ入る収納ポーチ付き!
「家族や彼に見つかってしまったら恥ずかしい……」と悩んでいた方も、安心して保管ができそうです。

「中イキ」できるカラダを開発して、彼と同時にオーガズム体験!

「外イキ」だけではなく、大好きな彼と繋がったままオーガズムを迎える「中イキ」を体験できたら、彼とのエッチでもっと快感と幸福感を得られるはず。
「外イキ」はすぐにオーガズムの感覚がなくなりますが、「中イキ」は長くその感覚を味わえるので、幸せな気持ちがずっと続いていくでしょう。

今回紹介した3つの方法を試して、自分自身で「中イキ」できるカラダを開発してみませんか?

今まで体験したことのない全身に広がる「中イキ」でのオーガズムを、彼が果てるのと同時に自分も一緒に体験してみてください。

LCラブコスメは、女性が運営している女性のためのヘルスケアブランドです。
ブランドサイトには、恋愛やエッチで悩んでいる女性をサポートする恋のお守りアイテムが充実! 誰にも相談できないでいるエッチやカラダのお悩みを、自宅でこっそりケアできます。
「ラブコスメ」で検索すれば、きっとあなたにぴったりのアイテムが見つかるはず。

(関連記事)「中で一緒にイッてくれるのが嬉しい……」男性が求める『中』でイク女性の秘密