【官能小説】「そんなふうに、中が動いたら……!」余裕な彼が中でイク瞬間

 

「口でイカせて……」

彼は腰の動きを急に止めて、今回もそう言った。

 

(たぶん、彼が中でイキづらいのは私のせい……)

そう思い始めたのは、今の彼氏とエッチしてからすぐだった。

 

実は、元カレは私の中でイったことがなかった。エッチしても、最後はフェラでイカせるのが定番。かなり年上だったし、彼自身も「俺、イキづらいから」なんて言っていたから、仕方がないと思っていた。

 

でも、今カレも、同じだった。

 

中でイクこともあるけど、2回に一度あればいいほう。挿入してからしばらくすると、彼は諦めたように腰を動かすのをやめて、「やっぱり舐めてイカせてほしい」と言ってきて、最後は私が口でして終わる。

 

あれは要するに、ユルすぎてイケないということではないのだろうか。

 

彼も自分で「遅漏気味」と言っているけれど、二人連続で同じなんて……。やっぱり、私のほうに問題があるんだ……一度不安になると、それはどんどん大きくなった。

【官能小説】「そんなふうに、中が動いたら……!」余裕な彼が中でイク瞬間

ネットで女性の「締まり」について調べてみた。すると、膣の締まりの強さを表す「膣圧」というものがあることを知った。私は、この膣圧が弱いのではないだろうか。

 

さらに調べると、膣圧は「膣圧トレーニング」、略して「膣トレ」で鍛えられるものだともわかった。

 

膣圧を鍛えると、自分の意志で締めつけを調節できるようになり、中の感度が上がる。当然、男性だって締めつけられたほうが気持ちいいから、セックスの相性も上がる。どうやら、お互いにいいことづくめのようだ。

 

(そうか、私はアソコがゆるいということではなく、単に今まで『膣圧』をケアしていないだけだったのか!)

 

私はLCラブコスメという通販サイトで、アソコの締まりケアができる「LCインナーボール」と「LCジャムウ・デリケートパック」のセットを購入。

 

「LCインナーボール」は、ピンポン玉より少し小さいぐらいのボールが二つつながった形をしている。これを椅子に座ったり、仰向けになったりして、ひとつずつ挿入してアソコの力を鍛えるのだ。

 

数日後、商品が届いた。その日の夜、さっそくお風呂で試してみた。

 

先に「LCジャムウ・デリケートパック」をローション代わりに塗り込んで、「LCインナーボール」をまずはひとつ、ゆっくりとアソコの中に入れていく。

 

説明書きによると、このままお尻の穴に力を入れて、中のボールを落とさないように維持するらしい。

 

「んーっ……」

思わず、ヘンな声が出てしまった。こんなふうに力を入れる感覚は、日常生活にはあり得ないものだった。

 

(彼に中でイってもらえるようになりたい。ユルいなんて思わせたくない!)

 

それから私は、彼が挿入中に悶絶する様子を想像しながら毎日トレーニングを続けた。そのうち、だんだんアソコが「締まる」感覚がわかってきた。

【官能小説】「そんなふうに、中が動いたら……!」余裕な彼が中でイク瞬間

膣トレを始めてから、初めてのラブタイムが……!

しばらくして、彼とのエッチのときがやってきた。

 

首筋や胸や腰などを舌と指で愛撫されると、あっという間にアソコが濡れてきた。彼は私を押し倒すと、私の脚の間に顔をうずめてアソコを舐め始めた。

 

「あ……はぁっ」

今まではニオイや黒ずみが心配で思う存分感じることができなかったけれど、「LCジャムウ・デリケートパック」で、気にならなくなっていた。

 

「今日、いつもより感じてるね、かわいい。」

彼も嬉しそうだ。しばらくクンニをしてもらった後、自分から体勢を変えた。

 

「お返しに、舐めてあげるね」

今度は私が彼のモノを咥える。

 

「はっ……」

彼の口から、溜息にも似た甘い息が漏れた。

 

根元を軽く掴んで亀頭をぱくりと口に含み、舌をゆっくりと上下に動かす。鈴口のあたりを舌の先端でつつくと、彼はびくっと体を震わせた。その様子がなんだかかわいくて、何度も同じことをしてしまう。

 

「もう、ダメ。挿れたい」

ついに我慢できなくなったのか、彼が起き上がり、上に乗ってきた。

 

「私も…」

私のアソコは彼が欲しくて、もうトロトロにとろけている。

 

「入れるよ」

ゆっくりと、彼が入ってきた。その瞬間、以前と比べて自分のアソコの感度が上がっているのがわかった。内側の襞(ひだ)がきゅっと吸いついて、彼の形を伝えてくる。これまで、こんなにはっきりと感じたことはなかった。

 

「あっ……はああ……ん」

声がどんどん出てしまう。形がわかることで、いとおしさがいっそう増した。

 

「うっ」

彼は眉間に皺を寄せてうめいた。

 

「今日、いつもより締めつけてる……何かした?」

「うん、ちょっと……トレーニングというか。もっと気持ちよくなってほしいなと思って」

「あっ、ちょっ、動かないで。……気持ちよすぎてヤバい」

 

動いたつもりはないのだが、喋ったときの微妙な力加減まで伝わってしまったらしい。「やったー!」と思わず心の中で叫んで、ガッズポーズをしたい気分だった。

 

私はトレーニングで自然に身につけたワザ――膣をキュッと締めつけたり、引き込むように力を入れてみたりということをしてみた。すべて自分の意志ですることができる。

 

「待って、本当……っ」

どうやら私のワザはことごとく効いているらしく、彼はどう見ても余裕がない。それでも、彼は反撃を開始した。激しく腰を動かすと、私のほうもすっかり気持ちよくなって、何も考えられなくなってしまった。

 

「あん……あ、私も……イキそうっ……」

「中っ、そんなに締めるなって……! そんなふうに……中が動いたら……」

二人して、いっぱいいっぱいになってしまう。彼は急に私の腰をギュッと掴んで、腰をさらに強く動かしてきた。奥まで届くたびに、頭が真っ白になる。

 

「ああああんっ!」

ただ、大きな声で喘ぐことしかできなくなる。子宮が内側からじんと熱くなっているようだ。中で感じることが、こんなに気持ちよかったなんて知らなかった。

 

体が気持ちいいだけじゃない。激しく突かれるたびに彼を強く感じて、彼を愛していると何度も何度も繰り返し再確認できることが気持ちいい。

 

「気持ちよすぎるよ……イク」

彼は呟くと、最後に数回腰をさらに強く打ちつけた。

 

「私も、イク……っ」

今までよりもさらに強い快楽の波が押し寄せてくる。私は彼の背中を強く抱きしめた。その背中が痙攣し、彼の動きが止まる。

 

一瞬、時間そのものが止まったように思えた。

 

彼はそのまま、私の上に崩れ落ちた。

「はぁ……ッ、気持ちよかった」

 

彼は少しだけ顔をあげて、私を覗きこむ。優しい瞳で、何度もキスをしてくれた。まさか、彼のこんなに悶絶するほど感じる姿が見られるなんて。そして、自分自身もこんなに感じるようになって、初めて中でイケることができるなんて。

 

私たちはしばらくの間、じっと抱き合ったままでいた。これからも「LCインナーボール」で膣トレを続けよう、そう思った。

【官能小説】「そんなふうに、中が動いたら……!」余裕な彼が中でイク瞬間

「我慢できない……」彼の余裕を奪って同時に絶頂する方法

この官能小説は、LCラブコスメのユーザー「なっぱ」さんの実体験に基づいた、フィクションの物語です。

 

「もっと引き締めてほしい……」

「フェラの方が気持ちいい」

「中でなかなかイケない」

 

女性の締まりは男性からは言い出しづらいデリケートな話題。だから、自分は「彼に言われたことがないから大丈夫」だと思っていても安心できません。そして、特に何のケアもしていない女性も多く、知らないうちに彼に『緩くて中でイキづらい』と思われていることも。

 

LCラブコスメの「LCインナーボール」は、そんな女性として普段はあまりケアを意識していない膣圧を鍛える『膣トレ』が簡単に行える専用トレーニンググッズです。最初は1個、慣れてきたら2個とボールを入れて10~15分。膣やお尻の穴に力を入れるイメージで締めつけましょう。

 

素材は医療用器具にも使われるエラストマー。さらに、日本人女性に合わせたほどよいサイズなので、安心して使用できます。使用後は、専用のクリーナー(ピュアウォーターph12等)かぬるま湯でよく洗って下さい。
【官能小説】「そんなふうに、中が動いたら……!」余裕な彼が中でイク瞬間

膣の締まりだけでなく、ニオイなども気にせずにクンニを楽しみたい人には、「LCジャムウ・デリケートパック」との併用がおすすめ。

 

インドネシア産の天然ハーブ・ジャムウをたっぷり配合した「LCジャムウ・デリケートパック」は、デリケートゾーンのニオイやおりものの元をさっぱり洗い流し、アソコの肌を引き締めてくれるジェルパックです。

 

使い方は、デリケートゾーンの内側に適量を塗って、1~3分間パック。その後、シャワーなどで軽く洗い流してください。「LCインナーボール」と一緒に使うのはおすすめです。

【官能小説】「そんなふうに、中が動いたら……!」余裕な彼が中でイク瞬間

 知っている女性は既にこっそり初めている「膣トレ」。

 

「舐めてイカせてほしい……」なんてセリフはもう言わせない! 「動いちゃ駄目、我慢できない!」と余裕をなくし、彼が自分の中で悶絶するほど感じている姿を見てみませんか?

 

そして、彼の形が伝わるくらいの感度を自分も手に入れて、ひとつに繋がったまま一緒にイク快感を味わってみてください。

 

LCラブコスメは、女性だけで運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。女性ならではの恋愛やセックス、カラダのお悩みを解決するアイテムが揃っています。「ラブコスメ」で検索すれば、これまで誰にも相談できずにいたお悩みにもピッタリのアイテムがきっと見つかるはず。

(関連記事)女性の95%が「ひとりエッチ」している! 女性がひとりエッチをする本当の理由とは?

遠藤 加奈の他の記事を読む